医療 - 仏法研鑽塾Ⅲ

ファイザーに改善命令へ 副作用200例未報告 厚労省

ファイザーに改善命令へ 副作用200例未報告 厚労省

製薬大手ファイザー(東京都渋谷区)が医薬品の重い副作用約200例を国に報告していなかったとして、厚生労働省は、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき、同社に業務改善命令を出す方針を固めた。

同社の弁明を聞いた上で、9月にも正式な処分を出す。同社には再発防止策の作成などを求める。

同社広報部は「コメントは差し控える」としている。

副作用の報告漏れをめぐっては今年2月、ノバルティスファーマが白血病治療薬などの重い副作用約3200例の報告を怠ったとして15日間の業務停止命令を受けた。

こんなもの、氷山の一角でしょうね。

いくら世論が高まりを見せても、国民の生命に関わる重大な副作用については、無責任に知らぬ顔を決め込んでいる。

厚労省が出す業務改善命令 なんて、自分たちの天下り先を失わない範囲内でパフォーマンスしているショープロレスだ。

官僚は国民を馬鹿にしているよ。

重大な副作用を引き起こす各種ワクチンについても、厳密に調査して適切な対処をしていただきたいものです。



高齢者4割が服薬6種以上…体調不良招く恐れ

6種以上…体調不良招く恐れ ">高齢者4割が服薬6種以上…体調不良招く恐れ

145 jpeg

自宅で暮らし日常的に薬を飲んでいる高齢者の約4割が、6種類以上の薬を併用しているとの調査の結果を東京都健康長寿医療センター研究所のチームがまとめた。

高齢者は製薬会社と病院にとって、大切なお客様なのですね。

抵抗力や自然治癒力を高める健康法、特に「呼吸法」の実践を促進したらよいのではないか。


狙われている日本保険市場

アメリカの製薬会社と保険会社が日本の市場を狙っており、日本は死守すべき­。

日本はアメリカの属国です。

だからといって、いつまでもアメリカを牛耳っている1パーセントの言いなりになっていると、取り返しのつかない事態に巻き込まれてしまいます。

どうせ20年後には縁の切れる関係です。

ですので今から徐々に進路変更していきましょう。

そのほうが被害も最小限に抑えられますので、賢明です。

今回は、鈍感かつ呑気に「不軽菩薩」している状況ではありません。

「チームジャパン」の健闘を祈ります。


「沈みゆく大国アメリカ」「貧困大国アメリカ」



記事転載。

「沈みゆく大国アメリカ」「貧困大国アメリカ」などの著書で知られる、ジャーナリスト­堤未果さん。

オバマケアと言われるアメリカ版皆保険制度は今、医療関係者をはじめ国民­を救うはずだったが苦しめている。

実はこれには保険会社が深く絡んでいる。

保険会社だけが儲かるこの仕組みを日本にも広げようと彼らは画策しているというのだ。

­日本の皆保険制度は守られるのか。

ラジオ版学問ノススメより。



抗生物質、気軽に飲むと危険!

129 jpeg

抗生物質、気軽に飲むと危険!

これも重要な記事ですね。

抗生物質は非常に効果の高い薬ですが、その分副作用も大きいため、十分に注意して使いましょう。

「体調が悪いから、念のため抗生物質を飲んでおこう」などと気軽に服用するのはやめるべきです。

アナフィラキシー(ショック症状)、薬疹、大腸炎、腎障害、けいれん、アレルギーなどの重篤な副作用が起きることもあります。

また、抗生物質を常用すると、体内に耐性菌が生まれることもあります。

そうなると、いざという時に抗生物質が効かなくなります。

有用であるからこそ、本当に必要な時の切り札として、とっておきたい薬です。




エボラ出血熱:新ワクチンを開発

を証明 ">サルで有効性を証明

新しいエボラウイルスのワクチンを開発し、サルで有効性を証明したと、東京大の河岡義裕教授(ウイルス学)らの研究チームが米科学誌サイエンス電子版に27日、発表する。

毒性をなくした不活化ワクチンのため安全性も高く、他のワクチン候補より高い効果が期待できるという。

いかれた人工削減計画を遂行する輩がいるかぎり、この戦いは続きます。





iPSから軟骨組織 膝関節症、4年後の臨床目標

iPSから軟骨組織

ヒトのiPS細胞から軟骨の組織を作り、関節の軟骨が損傷したミニブタに移植して治療することに、京都大iPS細胞研究所のグループが初めて成功した。

事故や加齢で軟骨が傷ついて歩行などが困難になるヒトの変形性膝(しつ)関節症患者への移植手術を二〇一九年に実施することを目指す。

一度、傷ついた軟骨の自力再生は困難といわれています。

軟骨には血管がないからです。

この画期的な技術には大注目。






喘息や皮膚アレルギーの反応を抑えるメカニズムを解明

記事転載。

大阪大学院医学系研究科感染症・免疫学講座(免疫制御学)免疫学フロンティア研究センターの竹田潔教授らのグループは、2月18日、喘息や、アトピーなどの皮膚アレルギーを引き起こすマスト細胞と好塩基球の活性を抑えるメカニズムを突き止めたと発表した。

研究グループは、アレルゲンによって活性化されたマスト細胞・好塩基球で発現が高くなる酵素、E-NPP3(CD203c)に着目。

このE-NPP3を欠損したマウスを作製した。

その結果、マスト細胞・好塩基球が活性化状態になり、皮膚アレルギー、食物アレルギー、喘息が悪化することを見出したという。

今回の研究成果により、E-NPP3がATP依存性のマスト細胞・好塩基球によるアレルギー反応を抑えることを明らかになった。

研究グループは今後、ATP、E-NPP3を標的としてマスト細胞・好塩基球の活性を制御することにより、アレルギーの新たな治療薬の開発に繋がることが期待できると報告している。


90 jpeg




紅茶成分で骨粗鬆症改善の可能性

大阪大などの研究グループは、紅茶に多く含まれる物質がマウスの体内で骨を壊す細胞ができるのを妨ぐことを実験で確認し、論文にまとめた。

研究グループは、破骨細胞が作られるのに関係する物質と反応する酵素に着目。

紅茶に含まれるTF3というポリフェノールの一種によって、酵素が働かなくなることを発見した。