正常細胞ががん細胞をはじき出す――細胞の“社会性”利用した治療法 - 仏法研鑽塾Ⅲ

正常細胞ががん細胞をはじき出す――細胞の“社会性”利用した治療法

正常細胞ががん細胞をはじき出す――細胞の“社会性”利用した治療法 北大が研究資金募る

北海道大学・藤田恭之教授は、2005年に「がんの初期段階で、正常な細胞が隣接するがん細胞を認識し、血管などの管腔側にはじき出す能力がある」と発見。

同プロジェクトでは、排除のメカニズムに関係する分子を特定し、長い間ブラックボックスとされてきた「がんの初期段階で何が起きているか」の解明を進めるという。

「がんの超初期段階で起こる現象を明らかにし、革新的な予防薬を開発したい。研究室は私と若い研究者の熱気でムンムンしています」(藤田教授)

以下、筆者の見解。

毎日42度以上の湯船に半身浴で20分くらい浸かる。

毎日の摂取カロリーを3分の2くらいに抑える。

動物性たんぱくを止めて、野菜と果物、穀物中心の食事に変える。

定期的に正しい断食をする。

呼吸法を行う。

以上を実行すれば、薬など飲まなくても、がんは消えてしまうのではないでしょうか。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。