真夜中に保護者から電話、授業は片手間…教師「激務」の実態 - 仏法研鑽塾Ⅲ

真夜中に保護者から電話、授業は片手間…教師「激務」の実態

記事転載。

公務員の中でも激務とされる教師たち。

労働時間は、世界的に見ても長い。

しかもその時間の多くは、本業以外の保護者対応や報告書作成に費やされている。

午前7時には出勤して、8時過ぎから始まる授業に備える。

放課後は児童の指導や保護者対応、ノートのチェックやテスト作成に追われる。

授業の準備にとりかかると、あっという間に午後10時を回ってしまう。

1カ月の残業時間が100時間を超えることもザラ。

終わらない仕事を自宅に持ち帰っては、睡眠時間が削られていく。

「教師に、タイムカードなんてない」

中越地方の小学校で働く50代の女性教師の言葉だ。

児童の家庭に問題があれば、その対応にかかりきりになる。

小学4年生の担任をしていたとき、ある男子児童の両親が離婚。母親は再婚したが、義理の父親は「しつけ」と称して男児に暴力をふるった。

男児は保健室に引きこもり、下校時間が近づくと「5時になっちゃう。6時になっちゃう」とおびえるようになって、やがて家出を繰り返した。

女性教師は男児を捜して警察官と街を歩き回り、明け方に倉庫に隠れているのを発見したこともある。

児童同士のけんかに親が激怒。

午前0時に「なぜ学校でけんかが起きるのか。けががなくなるように計画書を作って持ってこい」という電話がかかってきたこともあった。

朝を待って午前7時に家庭訪問して謝罪。

他の親からも同様の「クレーム」があり、「出るところに出てやる」と脅されたことが引き金になって、うつ病に。

その後1年半、休職した。女性教師は言う。

「トラブル対応で肝心の授業準備が片手間になってしまうことも、強いストレスでした」

以下、筆者の見解。

輩たちの作り上げた「強欲強奪資本主義」システムが、親だけでなく子供たちにも悪影響を与えているのでしょう。

そのしわ寄せが公立学校の先生たちに来るわけです。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント