抗てんかん薬:妊婦服用で生まれる子の脳に悪影響の可能性 - 仏法研鑽塾Ⅲ

抗てんかん薬:妊婦服用で生まれる子の脳に悪影響の可能性

抗てんかん薬:妊婦服用で生まれる子の脳に悪影響の可能性

九州大などの研究班は妊娠中に抗てんかん薬を服用すると、生まれる子供の脳神経細胞(ニューロン)の生成が低下し学習・記憶機能に悪影響が出る可能性があることをマウス実験で突き止めたと発表した。

一方で生まれたマウスが自発的な運動をすることで機能が改善することも分かったとしている。

抗てんかん薬「バルプロ酸」。

世界でてんかんの妊婦の約2割がバルプロ酸による治療を受けているとされ、生まれた子供の認知機能低下も報告されているという。

中島教授は「てんかんを患った女性でバルプロ酸の投与が欠かせない人もおり、(子供に悪影響が出た場合の)治療法の開発につなげていきたい」。

TPPが機能し始めたら、未知の有害な副作用を引き起こす可能性のある薬品が、大量に日本に入ってくるのでしょうね。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント