2019年2月6日インテルアラート - 仏法研鑽塾Ⅲ

2019年2月6日インテルアラート

記事転載。


GESARAは、地政学的努力を通じて世界中で密かに実施されている。

地政学的、経済的構造の全体がカバールから取り上げられている。

カバールの影響を受けているすべての国、組織、および銀行は、(経済的、政治的に)銃口を突き付けられている。

銃を向ける一方で、地球の同盟は、これらの国々、組織、そして銀行の首脳陣を信頼できる人々と置き換えている。

トランプ氏はすでに世界銀行を率いる候補者を選んだ。

「62歳のマルパス氏は、経済顧問としてトランプのキャンペーンに早くから参加していた。財務省の国際問題担当次官として、大統領の減税と経済成長促進のための規制緩和を熱心に支持してきた」と述べた。

偶然の一致はない。

ベネズエラの状況は、GESARAの遵守についてのみである。

ベネズエラはGESARAの遵守に同意するか、地政学的な猛攻撃に直面しなければならない。

トランプはまた、米国経済についての最近のツイートで非公式に金本位制を発表した。

GESARAに関連するすべてが公式に発表されることはない。

皮肉なことに、新世界秩序とGESARAは同じものだ。

どちらも、舞台裏でひそかに実行されていた。

唯一の違いは、一方(NWO)が人類を奴隷化するように設計され、そしてもう一方(GESARA)は完全に反対であるということである。

地球同盟のおかげで、NWOは今や空想となった。

その間、米軍は移行が「強制」路線で行われる場合に備えて軍事演習を行っている。




動画の作戦は、ダウンタウンL.Aの中心部の物体あるいは個人の移送を含んでいる。

起訴状の封印が解かれて大量逮捕が行われれば、これを街で見ることができるだろう。

「強制」的に移行する可能性は非常に高いが、あくまで最後の手段だ。

先だっての米国政府の閉鎖は史上最長だった。

国境の壁をめぐって政府全体の閉鎖の試練は、地球の同盟作戦が残ったディープステートの要素を排除するための隠蔽だった。

あなたは今「どろ沼の排水」を目撃している。

2019年1月1日の時点で、低レベルから中レベルのディープステート要素に関する軍事裁判が既に行われている。

ディープステート配下の公務員は、ささいな犯罪で起訴され、それは悪魔的レベルでの恐ろしい犯罪の将来の調査につながるだろう。

これは中国およびサウジアラビアの当局者の逮捕に似ている。

これらの国々で逮捕された当局者は、実際に表面上(公開し)提示されたものよりもはるかに深刻な犯罪を犯している。

これは、一般の人々が大きなショックを受けないようにするためである。

心理的前戯。

習主席の旧正月のスピーチは、移行の最初のフェーズ(RV)を始めるための地球同盟の承認の合図だった。

トランプ内閣は、RVによる急激な資金の急増がもたらす影響の可能性についてすでに議論している。

RVは、ジンバブエが2008~2009年シリーズの紙幣(歴史債権)の廃止を正式に宣言した時点で合法的に開始することができる。

RVに関する発表はない。

RVは、選定された銀行によって扱われる、民間通貨償還イベントである。

RVは、世界を完全に経済的に満たされた状態に移行させるという、より大きな計画の中の副産物にしかすぎない。

この先に、人類のための輝かしい未来がある。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント