フランス人が激怒している、その理由 - 仏法研鑽塾Ⅲ

フランス人が激怒している、その理由

 

マクロン大統領は、カバールの駒のひとつにすぎません。

だから、富裕層を優遇する一方、庶民はより貧しくなる政策をとるのです。

ひと握りのお金持ちに富を集中させて、庶民には借金を押し付ける。

安倍政権のやっていることと同じです。

黄色いベスト運動に参加している人々は、カバールの金融支配に対して激怒しているのです。 


 

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント