仏法者は隠された情報の早期開示を祈れ! - 仏法研鑽塾Ⅲ

仏法者は隠された情報の早期開示を祈れ!

電子レンジ程度の大きさでメニューボタンを押せば誰でも簡単に料理を作り出せる家電はすでに実用化されています。

この機械、レプリケーターが一家に一台あれば世界中から飢餓を根絶することができます。

空気からきれいな水を直接取り出す装置も、すでに実用化されていることでしょう。

太陽光や風力に頼らずとも電力を得られる小型装置も各家庭に行き渡ることが予想されます。

家庭に装備されたこれらの家電や装置を使って、皆が幸福に暮らしているところを想像してみましょう。

そして、大気や海洋中に撒き散らされた汚染有害物質を原子レベルで消去してしまう装置も出てくることと思います。

自分と家族の幸福だけしか考えられない境涯の低い人たちは、結果的に自分も家族も守れなくなる状況を引き寄せてしまうかもしれませんが、私達には凄い近未来が待っています。

20歳台の外見のまま、寿命を2000年前後まで伸ばせる医療技術もあります。

遺伝子が修正されてきますので、病気になっても症状が現れなくなる体に進化していきます。

だれもが簡単に宇宙旅行できるようにもなります。

今まで隠されてきた情報が一般開示されるようにまれば、皆が楽に生きていける社会ができあがります。

この段階にくれば、広宣流布の流れは一気に加速してきます。

生活に余裕ができ、誰もがいかに生きるべきかを真剣に模索するようになるからです。

ですので、仏法者は隠された情報の早期開示を祈りましょうという結論になるわけです。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。