最悪レベルの輩がどのようにして滅びるか - 仏法研鑽塾Ⅲ

最悪レベルの輩がどのようにして滅びるか

輩がどのようにして滅びるか。

カルマ(原因結果)の法則によって裁かれるのは言うまでもありません。

しかし、一部に悪業が極めて深い者たち(人類の中でもっとも悪質な最悪レベルの輩)がいる。

そんな者たちの悪業の周期は大きいので、現象が現われるまで、時間がかかる場合があります。

民衆に対する啓蒙効果を高めるためにも、現象が起きるまでの時間を短縮したいと、誰もが思うことでしょう。

以下がその解答です。

悪業が極めて深い者たちの家系、社会内部から仏法者が誕生します。

仏法者でなくても、もそれに匹敵する境涯の高い魂を持つ人物が生まれてきます。

「獅子身中の虫」ではなく、「虫身中の獅子」です。

その人こそが、虫の腹を食い破り、悪業が極めて深い者たちの家系、社会に「愛」や「慈悲」の精神を教えていくのです。

結果的に、輩の家系や社会は滅びます。

そしてすべての民衆が幸福に感じるような社会の実現を後押しします。

まるで、「ひとり創価学会」のような人物です。

輩ファミリーや輩社会は、躍起になってその人を抹殺しようと試みるでしょう。

しかし、その人には強力な諸天が味方していますので、失敗に終わります。

悪業が極めて深い者たちの家系、社会は、こうして短期間に滅亡していくシナリオになっているようです。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント