米、国連人口基金への資金拠出停止へ - 仏法研鑽塾Ⅲ

米、国連人口基金への資金拠出停止へ

米政府が、国連人口基金(UNFPA)に対する資金拠出を停止する。

同基金が行っている、人工中絶手術の提供をはじめとする「強制的な」家族計画の取り組みを問題視しての措置だという。

トランプ大統領。

「強制的な中絶や意に反する避妊手術のプログラムの運営を支持したり、関与したりする組織やプログラムに対し、国民からの税金が確実に投入されないようにするため、法の下で許容される限り、あらゆる必要な行動を起こす」

これからはロックフェラー陣営の邪悪な計画が次々と阻止されていくのでしょうね。

現在、莫大な資金と権力を持つ自称エリートたちの動きは、諸天によりすべて監視され妨害されています。

まだしぶとく生き残っている手下たちも先日亡くなったデビッド氏と同じ末路をたどるのは明らか。

社会のあらゆる階層から、次々と失脚、退任、死去していきます。

特許という形で封印されてきた「すべての民衆を幸福にする技術」も一般公開されることでしょう。

アメリカで始まった革命の嵐は、日々強さを増してきています。

日本に押し寄せてくるのも時間の問題。

長年、輩陣営の手下をやってきた議員、官僚、ブラック経営者はひとり残らず淘汰されていきます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント