ブラック大企業「電通」 - 仏法研鑽塾Ⅲ

ブラック大企業「電通」

社員が死亡したり犠牲になるというのは、会社経営における最大の誤りであり、経営者の陣頭指揮の大失敗の結果である。

これらブラック企業のブラック経営者は、会社経営は何のため、誰のためという大目的をはき違えているといえるでしょう。

何十年にもわたり社員を繰り返し犠牲にする一方で自らの私腹を肥やしてきた企業経営陣の生き方は最悪です。

もう社会的にその存在価値は淘汰されていく潮時に来ているでしょう。

既得権益にしがみつく「才知ある畜生」たちは、もはやこの娑婆世界で生き延びることはできない段階に入ってきました。

彼らの死に物狂いの努力は何ひとつ報われず、すべて裏目に出てしまいます。

無知ゆえに、せっせと積み重ねてきた過酷な悪業をさらに色濃く自らに刻印して、消え去っていくだけです。

そして素晴らしい新時代が訪れます。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント