「イスラム国」の次は「宇宙戦争」 - 仏法研鑽塾Ⅲ

「イスラム国」の次は「宇宙戦争」

1938年10月30日。

ハロウィン特別番組としてアメリカで放送されたラジオ番組、『宇宙戦争』(The War of the Worlds).。

これは俳優オーソン・ウェルズが、H.・G・ ウェルズ原作『宇宙戦争』をラジオ番組化したものだ。

この生放送は多くの聴取者を恐怖させ、現実に火星人が地球侵略をしていると信じ込ませたという。

『コロンビア放送会社およびその傍系放送局は、オーソン・ウェルズおよびマーキュリー放送劇団による、H・G・ウェルズ作「宇宙戦争」を放送します』

ところがこの紹介があってからも、一向に劇がはじまる気配なし。

天気予報が放送された。

つづいてアナウンサーの声。

「これからニューヨークのバーからのダンス音楽の中継放送に移ります」。

しばらく、スウィング・バンドの音楽が流れていたが、突如として番組が中断された。

アナウンサーの興奮した声が、『これから臨時ニュースを申し上げます』と伝えてきた。




今回は3Dホログラム技術を駆使して「宇宙人が攻めてきた!」とやらかして社会を混乱させようと計画している輩がいるようですね。

これは輩たちの最後の悪あがきですので、笑い飛ばしていきましょう。

もう彼らに勝ち目はありません。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント