「ハッキングで不正操作」 - 仏法研鑽塾Ⅲ

「ハッキングで不正操作」

今月8日に投開票された米大統領選で、激戦となったペンシルベニア、ミシガン、ウィスコンシンの3州について再集計を求める動きが広がっている。

コンピューターへのハッキングで投票が不正操作された可能性があるとしている。

ミシガン大のコンピューター科学者アレックス・ホルダーマン教授らは、以前から州の集計システムの脆弱(ぜいじゃく)性を指摘していた。

大統領選では、民主党全国委員会やクリントン前国務長官の陣営幹部のメールがハッキングされ、内部告発サイト「ウィキリークス」が次々暴露した。

ロシアの関与が指摘されている。

科学者のみならず、支持者が投票用紙の再点検と再集計を求める請願書を州に提出する動きもある。

429 jpeg

以下、筆者の見解。

今回のアメリカ大統領選挙においてクリントン候補を勝たせようという意図を持った不正集計があったのは事実だと思います。

そして、トランプ氏も辞任に追い込まれてしまうのでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント