スモッグを回収する「世界最大の空気洗浄機」 - 仏法研鑽塾Ⅲ

スモッグを回収する「世界最大の空気洗浄機」

423 jpeg
北京で、「世界最大の空気清浄機」が9月29日に稼働を始めた。

オランダに本拠を置くスタジオ・ローズガールデが中国環境保護部の支援を受けて設計したこのタワーは、北京のビル「751 D-Par」。

高さ7mのスモッグフリー・タワーは、世界最大の空気洗浄機。

きれいな空気の塊をつくり出して、「きれいな空気を無料で」市民に提供する。


スモッグフリー・タワーは、特許取得済みのオゾンを生成しないイオン化技術と、少量のグリーン電力を使って、1時間に30,000立方メートルの空気をつくり出す。

スモッグフリー・タワーは、スモッグとともに、空気中を浮遊するPM2.5およびPM10の粒子の75パーセント以上を捕捉して回収し、タワーの周囲360度にきれいな空気を放出するため、タワーを取り巻くほぼ円状の範囲で空気がきれいになるという。

スモッグフリー・プロジェクトは、「スモッグフリー・タワー」と「スモッグフリー・ジュエリー」で構成されている。

ジュエリーには、リングとカフリンクスがあり、タワーから回収したスモッグの粒子を圧縮してつくったものだ。

スモッグフリー・リングを購入することにより、1,000立方メートルのきれいな空気を寄付したことになる。

スモッグフリー・プロジェクトは、ローズガールデの複数回の中国旅行、なかでも2013年に北京を訪れたときに、深刻なスモッグによってホテルの部屋の窓から外を見ることができず、子どもたちが外に出られなかったのを見た経験から生まれた。

424 jpeg

ぜひ東京にもこの計画を立ち上げていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント