東京都に巣くうねずみ退治が始まった!小池百合子氏演説詳報(28日) - 仏法研鑽塾Ⅲ

東京都に巣くうねずみ退治が始まった!小池百合子氏演説詳報(28日)

「葛飾の地は都政のドンと戦ってきた方らのゆかりの地。そして自殺もなさったということ。その方の無念さもしっかりと胸に秘め、この東京大改革を進めていく」

415 jpeg

「私は東京大改革を標榜(ひょうぼう)している。都政がどうも遠くなってしまっているのではないか。そもそも都政のこと知らなかったよね。湯河原行き、タマゴサンド1万8000円。細かい話になると、急に身近になって関心がわいた。その結果、舛添知事が辞めてしまわれた」

「しかし、私はもっと都政のことをお知らせして、例えば2020年に東京五輪パラリンピック間近です。お金かかると言われているけど、いくらなの。誰にも知らされていない。私も現時点ではいくらなのか、よく分かっていません」

「もし私が当選させていただけるのなら、東京五輪パラリンピック成功させたいじゃないですか。そのためにも皆さんにしっかりと中身をお知らせする。そこに利権構造などがあったら、利権を暴くのは若狭勝さんのプロの世界でございますから」

「今日も一つ出ておりました。具体的な例が。この点については実際に黒か白か、まだ私は承知をいたしておりませんけど、何で五輪パラリンピックが。人件費が高くなりました、資材費が高くなった。だけどそこに利権費が入っていたら、どうですか、認められますか。私は利権の構造をブラック化しているところを暴いていきたい。やはり気持ちのいい東京五輪パラリンピックを迎えるためにも都政の透明化をしていきたい。ちょうど街宣車がガラス張りのように、都政をガラス張りにしたいと思います」

「東京大改革を進めていきたい。そしてブラックボックス化していると何度も申し上げているが、これをクリアにしていきたい。これまで都政において、自民党の東京都連にドンという人が今もおられますが、その方に関するきょうは週刊誌の報道がございます。その中に東京五輪パラリンピックについての利権で、その方が動いたのではないかという疑惑が報じられている。その結果、その方の利権が、その分かさ上げになっていたらどうでしょうか、皆さん。私はそういった点でも、都政の誰がどこで何を決めているのかをクリアにしていきたい

「そしてまた、若狭勝衆院議員の除名覚悟の私への応援、これを次には利権を明確に暴いていく応援にかえてもらって、ぜひとも信頼できる都政に取り戻してまいりたい」

「そしてこの葛飾の地は都政のドンと戦ってきた方らのゆかりの地でございます。そして自殺もなさったということ。私も友人でございましたので、今もよく覚えております。その方の無念さもしっかりと胸に秘めながら、この東京大改革、みなさんとともに進めてまいる所存でございますので、あと3日の戦い、どうぞお支えください」

イケイケ!小池ゆりこさん。

内心では、安倍さんと公明党は小池さんを支持しているのでしょうね。

いよいよ「三国志」の世界に突入してまいりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント