「精神科は今日もやりたい放題」 - 仏法研鑽塾Ⅲ

「精神科は今日もやりたい放題」

向精神薬による薬害は後を絶ちません。

言われるがままに薬を飲み続けて病状を悪化させていくシステムについて、通院すればするほど病状が悪化していくシステムについて、自分たちでできることは何なのでしょうか。




一般的に精神異常者と認定されている事例について筆者の見解。

残念ながら、彼らの肉体に入り込んでいる一部の魂は、通常、人間の体に飛び込んでくる魂ではありません。

すべての事例で適合しているわけではないですが、動植物でもなく、人間でもない種類の生命エネルギーなのです。

ですので、人間社会のどのような教育を受けても人間の両親がいかなるしつけを施しても、人間らしく考え振る舞うことはできません。

彼らの方でも自分を取り巻く人間社会に違和感を感じつつ、いつも周囲から傷つけられているのです。

自分の遺伝子を受け継ぐ最愛の子供が精神異常の診断を受けたご両親の苦悩は言葉では言い表せないものでしょう。

しかし、過度に思い悩む必要はありません。

外見は決まって美男美女のセックスマニアックですが、彼らの本質は人間ではないのです。

両親の宿業が原因でこのような子供を授かってしまったわけでもありません。

向こうが本来転生してくるべきでない場違いの人間の肉体に生まれてきただけです。

彼らの今世における寿命は短いです。

私達地球表面に住んでいる人類の意識の進化にとっては、有害このうえない存在の彼らですが、時間が来れば元いた世界に帰っていきます。

ですので、不遇にも彼ら精神異常者を家族に持つ人間の方たちは、辛いでしょうが必要以上に悩み苦しまなくてもよいのです。

彼らの幸福を祈る必要もありません。

精神異常者と診断される人たちの一部は、私達と同じ人間ではないのですから。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。