人工甘味料アスパルテームは毒である - 仏法研鑽塾Ⅲ

人工甘味料アスパルテームは毒である

記事転載。

アスパルテームの副作用まとめ。


片目 両眼の失明
視野狭窄や目のかすみなど、他の障害
閃光視、汚れのような線が見える、 トンネル視、夜間の視野狭窄
両眼の痛み
涙の減少
コンタクトレンズ着用での問題
眼球突出

耳鳴り りんりんという音やブーというような音
騒音への耐性減衰
著しい聴力減退
神経系
てんかん発作
頭痛、 偏頭痛 、強い頭痛
めまい、動揺、不安
混乱、物忘れ
ひどい眠気
手足の感覚麻痺
言葉の不明瞭さ
多動症、貧乏揺すり
異常な顔面痛
ひどい震え
精神的、心理的
強度の鬱
いらいら
怒りっぽい
不安
性格の変化
不眠
恐怖症

動悸 頻脈
息切れ
高血圧
胃腸
むかつき
下痢、血便
腹痛
ものを飲み込むときの痛み
皮膚とアレルギー
発疹なしのかゆみ
口唇のかぶれ
じんましん
ぜんそくのような、ひどい呼吸器アレルギー
内分泌と代謝
血糖値のコントロール機能低下(糖尿病)
月経不順
著しい痩せ、あるいは抜け毛
著しい体重減少
体重漸増
ひどい低血糖(症)
ひどい月経前症候群
その他
頻尿や 排尿時のぴりぴりした痛み
ひどいのどの渇き、 水分貯留、 足のはれ、むくみ
感染症に感染しやすくなる

アスパルテームの毒性による症状として、さらに次のような死に関わるものも含まれている。

回復不可能な脳へのダメージ
新生児の欠陥、智恵遅れを含む
消化器の潰瘍
アスパルテーム依存、甘いものがしきりに食べたくなる
子供の多動症
ひどい鬱
攻撃的な態度
自殺傾向

アスパルテームは以下の病気を引き起こす、あるいは似たような症状の原因を誘発する。

慢性疲労症候群
Epstein-Barr (ヘルペスウイルス)
ポリオ後症候群
ライム病
バセドウ病
メニエール病
アルツハイマー
ALS
てんかん
多発性 硬化症 (MS)
EMS
甲状腺機能不全
アマルガムの詰め物による、水銀過敏症
線維筋痛症
狼瘡(ろうそう):皮膚結核の一種
非ホジキンリンパ腫
注意欠陥障害

ジャネット・スター・ハル博士は次のように述べている。

アスパルテームは脳内化学物質を変えてしまう。

そのためにひどいてんかん発作がおきる。

この薬(アスパルテームは)脳内のドーパミンの値を変える。

この薬がパーキンソン病患者にどういった影響を与えているか想像して頂きたい。

また生まれてくる赤ん坊の欠陥にも影響を与えている。

アスパルテームを服用する理由はまったくない。

これはダイエットのためのものではない!

!アメリカ議会の記録には、「アスパルテームを摂取すると、炭水化物をしきりに食べたくなり、太る原因になる」とある。

ロバート博士は患者にアスパルテームの摂取をやめさせたところ、一人あたり平均19ポンドも体重が減ったと報告している。

フォルムアルデヒドは特に、おしりと太股の脂肪細胞に蓄積される。

アスパルテームは特に糖尿病患者にとっては致命的だ。

科医はメタノールが糖尿病患者にどういう影響を与えるか知っている。

網膜症患者は実はアスパルテームが原因となっているのだ。

アスパルテームは血糖値をコントロールできない状態にし、その結果多くの患者が意識不明になり、大抵は死に至る。 アメリカ内科医学会で、親戚がサッカリンからアスパルテームに切り替えたら結果的に意識不明になったという報告があった。

血糖値をコントロールすることができずに、患者は物忘れがひどくなり、意識不明から死に至るのだ。

アスパルテームの酸とフェニルアラニンはタンパク質にみられる他の酸なしでは神経系に害を与える。

脳の血液バリアを超えてしまい、脳神経を衰弱させる。だから物忘れが激しくなるのだ。

脳神経外科医のDr. Russell Blaylockは次のように述べている。 "その成分が脳神経を刺激し、脳に様々なダメージを与えて死に至らしめる。」彼は「EXCITOTOXINS: 味が死を生む」"EXCITOTOXINS: THE TASTE THAT KILLS" (Health Press 1
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント