2018年12月 - 仏法研鑽塾Ⅲ

Above Majestic プロデューサーインタビュー

コーリーグッド氏がQ annonについて語っています。

日本の大手メディアのほとんどはカバールが大株主ですので、その報道内容を鵜呑みにしてはなりません。 

取るに足らないショープロレス的な小競り合いが、民衆に対立と分断を煽り恐怖心を植え付ける方向で、大きく脚色されているからです。
 
来年は世界平和実現へと繋がる大きな動きが起こるというのに、相も変わらず、という感じですね。

あと数カ国の中央銀行を所有すれば彼らの唱える新世界秩序が実現できたはずなのに、見事に善の勢力にひっくり返されてしまいました。

ここまで来たら、もうカバールに勝ち目はありません。

日本の国会議員にも逮捕者がでてくることでしょう。


スポンサーサイト



マイケル・サラ博士の見解は正しい



Qチームによると、極秘起訴状がもうすぐ秘密解除されるという。

機密大陪審によって調査・起訴されているこれらの極秘起訴は今や60000件。

トランプ大統領とアライアンスチームは民衆とともに進む。


2016年11月8日、トランプさんの演説




我々のムーヴメントが、失敗し腐敗した政治的支配層の首をすげ替えようとしています。
 
米国民である皆さんによる、皆さんの政府に取って替えるのです。

ワシントンの支配層と、それに資金提供する金融・メディア企業は、たった一つの理由で存在しています

それは連中自身を守り、富ませることです

支配層は、この選挙に数兆ドルを賭けているのです。
ワシントンで権力を保持する者のために
世界的な特定の既得権益集団のために

連中は、皆さんのことなど何も気にもかけない連中と
パートナーを組んでいるのです。

我々の選挙運動は、連中にとってはとても大きな脅威なのです。

それは、これまでになかったものです。

これは、単に四年毎の選挙ではなく、我々の歴史における文明の転換点なのです。

我々民衆が、政府の支配権を取り戻すか否かを決するものなのです。

政治支配層は、我々のムーヴメントを阻もうとしますが、まさに連中が今まで取って来た政策の責任を負わなければならないのです。

その破滅的な貿易協定に、大量の不法移民に、経済・外交ポリシーにです
それらが我々の国を絞り上げて来たのです

政治支配層がこの国に破壊をもたらしました
我々の工場に、仕事に、

それらがメキシコ、中国などの国に逃げて行ってしまったのです
(それらを容認する)世界的なパワー構造に責任があるのです

連中が経済的判断を下し、労働者から盗み取り、我々の国から富を剥ぎ取り、その金を自分たちのポケットに入れたのです
一部の大企業と(そこから献金を受けている)政党のポケットにです

今回の選挙は、我々の国が生き残れるかどうかの瀬戸際の選挙なのです

これが(我々の国を取り戻す事ができる)最後のチャンスとなるでしょう

我々の国が自由であるかどうかは、この選挙で決まるのです
この民主主義という幻想を持っているだけの国を

実際には、世界的に見てほんの一部の特定の者だけが、このシステムを不正操作しているのです。

それが現実なのです

その事は皆さんも知っているし、連中も知っていますし、私も知っています

そしてほとんど全世界の人々が知っている事なのです。

クリントン財団はこのパワー構造の中心です。

この事を、我々は直接ウイキリークスの文書から知りました。
(その文書によると)そこでヒラリークリントンは、秘密裏に国際銀行家と会って謀議したのです。

つまり、アメリカの主権を破壊し、世界的金融パワーに富を与え、彼女の特定利益を持つ友人、つまり彼女への寄付者にです。

率直に言えば彼女は投獄されるべきです

クリントンが配置した最も強力な武器は企業メディア、新聞です。

一つ皆さんに明らかにしましょう

我々の国の企業メディアは、もはやジャーナリズムなどではありません。

彼らは特定の既得権益者を代表しています。

ロビイストや金融機関となんら変わりません。

彼らは政治的アジェンダを持ち、それらは皆さんのものではなく連中の為なのです。

彼らに挑む者は、次のようなレッテルを貼られます。

性差別主義者、人種差別主義者、外人恐怖症者。

連中は嘘、嘘、嘘ばかり付いているのです

それだけではなく、連中は今言ったことよりもっと悪い事を仕出かすのです。

連中は必要だと思えば何でもします。

クリントン夫妻は犯罪者です。

これを覚えておいて下さい
(その犯罪行為は)もうすでに立証されている事なのです

そしてヒラリーを操る支配層たちは、大きな罪の隠ぺい工作に関与しています。

大規模な罪の隠ぺい工作です

これらをするのは、全て国務省とクリントン財団の為なのです。

彼らは、クリントン夫妻が権力を持ち続ける事ができるように画策しているのです。

連中は自分がしている事を分かっています
その為に、私にありとあらゆる嘘を投げつけています
私の家族や私が愛する者に対して

連中は自分がしている事を分かっています。
彼らの暴挙を止めれる者は誰もいない事を

それにも関わらず、私は彼らの嘘に満ちた中傷を全て喜んでこの身に引き受けようと思っています

そうするのは皆さんの為、我々のムーヴメントの為にです

そうすれば我々は、自分の国を取り戻すことが出来るのです。

私はこの日が来る事をとっくに分かっていました
それは時間の問題だってことを

米国民が立ち上がる事を知っていました。
そして人々が、自らに相応しい未来の為に(正しい)投票をする事も

この腐敗した権力を止める事ができる唯一のものは、あなたなのです

我々の国を救う事ができる唯一の軍隊は、我々なのです

腐敗した支配層の連中を落選させる事ができる唯一の人々は、米国民の皆様なのです

我々の偉大な文化が報われる時が来たのです

しかし私にはそうする必要はありませんでした

私は偉大な会社を作り、素晴らしい人生を歩みました

私はこれから何年も、成功したビジネスの成果を楽しめたでしょう

家族や私自身のために、ビジネスをやって行けたでしょう
今、私が関与している、酷く、恐怖に満ちた政治の世界ではなく

この政治の世界では、嘘と騙しと悪意に満ちた攻撃の連続です。

私が政治に関与したのは、この国が私にたくさんのものを与えてくれたからなのです。

そして私は、この国にお返しをしなくてはいけないと強く感じたのです。

この私の愛する祖国(アメリカ)に…

ですから私は政治の世界に入ったのです
人々の為、ムーブメントの為です

そこで私は、人々の為に皆さんの国を取り戻して
アメリカをもう一度偉大な国にしたいのです


ネスレ元CEO  水は権利でなく商品

グローバル企業は水資源を国や地方自治体から奪い取り、水不足で困っている地域には高く売りつけて、大儲けしようと考えているのでしょうね。

そしてグローバル企業の思惑に反抗する人々には水の供給を停止する。水質を悪化する。料金を跳ね上げる。

神経毒のフッ素やリチウムを混入して飲む人の知能を低下させて支配しやすくする。

松果体を石灰化させて神通力を封印させる。

究極的な目的は、民衆の成仏を阻止することにある。

すでに水道民営化に失敗した自治体も多い中、第六天の魔王の子分、カバールの計画はいつもワンパターンです。

麻生太郎氏も、この拝金主義のサイコパスと同類。

逮捕起訴する方向に持っていけないものでしょうか。