2016年07月 - 仏法研鑽塾Ⅲ

最低賃金:時給1000円でも生活苦…息子2人養う母

2016年度の最低賃金(時給)の目安となる額は26日、厚生労働相の諮問機関「中央最低賃金審議会」の小委員会で過去最大の引き上げが決まった。

だが、安倍政権が目標に掲げる「時給1000円」にはほど遠い。

低賃金にあえぐパート労働者からは「生活は待ってくれない」と悲鳴が上がっている。

「1000円以上の時給でも、子供2人を育てるのにはとても追いつかない」。

栃木県内で生協関連の配送業務のパートをしている女性(38)はため息をつく。

1トン超のトラックを運転して1日約30カ所に配送するほか、生協や共済加入を獲得するノルマもある。

シングルマザーとして2人の息子を育てながら10年間、週5日の勤務を続け、今の時給は1280円だ。

それでも手取りの月収は14万〜16万円。

息子2人は食べ盛りの中高生で、食費やサッカー部の部費、学資保険、携帯電話、光熱費などであっという間に消えていく。

児童扶養手当や元夫の養育費を繰り入れてもギリギリの生活だ。

親子3人で外食に出かけたことはほとんどない。

「子供を育てながら生計を維持するには1500円は必要だ。まともに暮らせる最低賃金を期待したい」

今も日本はアメリカの植民地。

霞が関の官僚と政治家は、ご褒美の飴玉をもらいながら、アメリカ株式会社を牛耳る一握りの国際金融資本家たちに国民のお金を貢ぎ続ける政策を続けています。

その最大の犠牲者が子育て中のシングルマザーなのです。




スポンサーサイト

東京都に巣くうねずみ退治が始まった!小池百合子氏演説詳報(28日)

「葛飾の地は都政のドンと戦ってきた方らのゆかりの地。そして自殺もなさったということ。その方の無念さもしっかりと胸に秘め、この東京大改革を進めていく」

415 jpeg

「私は東京大改革を標榜(ひょうぼう)している。都政がどうも遠くなってしまっているのではないか。そもそも都政のこと知らなかったよね。湯河原行き、タマゴサンド1万8000円。細かい話になると、急に身近になって関心がわいた。その結果、舛添知事が辞めてしまわれた」

「しかし、私はもっと都政のことをお知らせして、例えば2020年に東京五輪パラリンピック間近です。お金かかると言われているけど、いくらなの。誰にも知らされていない。私も現時点ではいくらなのか、よく分かっていません」

「もし私が当選させていただけるのなら、東京五輪パラリンピック成功させたいじゃないですか。そのためにも皆さんにしっかりと中身をお知らせする。そこに利権構造などがあったら、利権を暴くのは若狭勝さんのプロの世界でございますから」

「今日も一つ出ておりました。具体的な例が。この点については実際に黒か白か、まだ私は承知をいたしておりませんけど、何で五輪パラリンピックが。人件費が高くなりました、資材費が高くなった。だけどそこに利権費が入っていたら、どうですか、認められますか。私は利権の構造をブラック化しているところを暴いていきたい。やはり気持ちのいい東京五輪パラリンピックを迎えるためにも都政の透明化をしていきたい。ちょうど街宣車がガラス張りのように、都政をガラス張りにしたいと思います」

「東京大改革を進めていきたい。そしてブラックボックス化していると何度も申し上げているが、これをクリアにしていきたい。これまで都政において、自民党の東京都連にドンという人が今もおられますが、その方に関するきょうは週刊誌の報道がございます。その中に東京五輪パラリンピックについての利権で、その方が動いたのではないかという疑惑が報じられている。その結果、その方の利権が、その分かさ上げになっていたらどうでしょうか、皆さん。私はそういった点でも、都政の誰がどこで何を決めているのかをクリアにしていきたい

「そしてまた、若狭勝衆院議員の除名覚悟の私への応援、これを次には利権を明確に暴いていく応援にかえてもらって、ぜひとも信頼できる都政に取り戻してまいりたい」

「そしてこの葛飾の地は都政のドンと戦ってきた方らのゆかりの地でございます。そして自殺もなさったということ。私も友人でございましたので、今もよく覚えております。その方の無念さもしっかりと胸に秘めながら、この東京大改革、みなさんとともに進めてまいる所存でございますので、あと3日の戦い、どうぞお支えください」

イケイケ!小池ゆりこさん。

内心では、安倍さんと公明党は小池さんを支持しているのでしょうね。

いよいよ「三国志」の世界に突入してまいりました。

小池百合子氏演説

この人が適任でしょうね。

「私が知事になると都合が悪い人がいるんですかね。いるんでしょうね。だから要は推薦も何もなかった。私、これ言いたくて、うずうずしていたんですけど。つい言っちゃいました。要は私が嫌な人がいるということなんです、都連の中にはね。扱いにくいだろうな、まずいだろうな、いろいろ暴かれちゃうんだろうな、いろいろな思いの方がおられるんでしょう」

414 jpeg

「でも東京五輪は2020年。パラリンピックも控えている。2025年には団塊世代が75歳以上に。つまり高齢化というよりは超高齢社会がやってくる。右肩上がりの人口、経済で設計してきた都政。国も同じだが、それぞれが既得権化している。時代が変わって、人口が減ってきている。高齢者も増えてきている。設計図を変えなくちゃいけないのに、既得権が邪魔になって、なかなか変えられない」

「都庁、この役所には16万人の職員がいます。とても一生懸命働く方ばっかりなんだけれども、組織の常として、既得権を守ろうとするじゃないですか。そういうときに、言いなりになるようなリーダーを引っ張ってきて、このまんまの中で「じゃあ少し、待機児童で予算付けましょうかね」と。こういう対応では、これからの持続可能な首都・東京にはならない」

「ですから設計図から変えなければならない。しがらみのない私のように、また24年間の国政、さらには環境大臣、防衛大臣、それぞれ大きな役所で実務を担当していました。ビジョンがあって、リーダーシップがあって、それが政治家に必要な条件だと思います」

「そして、すでに第1議員会館の501、私の国会議員としての部屋でございますが、この選挙戦にエントリーするときに自動失職。つまり私には帰るところがございません。退路を断っております。その上で、通るか通らないか分からない大きな選挙に手を上げているわけでございます」

「唯一の強みは、先程申し上げました推薦を受けていないということ。逆にこれは私は強みだと思っております。しがらみのない選挙ができる、これはある意味で幸運なことだなと思っています。そしてこのしがらみのなさで、東京が女性にとっても、男性にとっても、お年寄りにとっても、子供にとっても、障害のある方にとっても、もっと本当は暮らしやすい東京がつくれるはずです」

「そして、どこかに無駄があるはずです。役所は「無駄なんてありませんよ」というに違いありません。かつての事業仕分けのようなちまちましたものはやりませんよ。ただ、大まかにとらえながらも小さいところにも切り込んで、皆さんの大切な税金が無駄に使われていないか、私にこの設計図を書かせていただきたいと思います」

「機動力、組織力、圧倒的に私にはありません。弱い。軍艦がぐわーっと動けば、海の本当に藻くずに消えてしまうかもしれません。どうぞ皆さん、皆さんの民意、温かい気持ち、そして一度は女性の都知事を育ててみようよという思いを、しっかり受け止めながら、信頼できる都政を必ず実現してまいりたいと思います。どうぞ私に皆さま方の貴重な一票をお託しくださいませ」

仏トラック突入事件、監視カメラ映像消去を警察が要請

フランス南部ニース(Nice)で84人が死亡したトラック突入事件で、警察が市当局に監視カメラ映像の消去を求めているという。

警察のテロ対策担当部門は20日付でニース市に対し、14日に惨劇が起きた海岸沿いの遊歩道、プロムナード・デザングレ(Promenade des Anglais)で使用されていた監視カメラすべての映像について「捜査以外で作成された事件映像のすべての複製」を完全に消去するよう要請している。

413 jpeg

捜査を主導している仏検察筋によると、この要請は「著しく衝撃的な」映像の流布を避けることが目的だという。

しかし、ニース市当局の代理人弁護士は、この要請は証拠に許可なく手を付けることにもなるため問題があると語った上で、監視カメラの映像は通常、10日後に自動的に消去されると述べた。

この事件も某勢力による自作自演の匂いがプンプンしていますね。

いつものように、民衆に恐怖心を植え付けて互いに反目、憎しみを増幅させようとする悪意が読み取れます。

監視カメラの映像に、見られると都合の悪いものでも写っていたのでしょうか。


タダ働き? 東京五輪ボランティア

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が求めるボランティア像を明らかにしたところ、「タダ働きでは」「ブラック過ぎる」と反発の声が上がった。

コミュニケーション能力がある。

日本語に加え、外国語が話せる。

1日8時間、10日間以上できる。

採用面接や3段階の研修を受けられる。

20年4月1日時点で18歳以上▽競技の知識があるか、観戦経験がある。

ボランティア経験がある。

以上7点を備えた人材が、組織委が素案で大会運営ボランティアに望む要件だ。

ユニホームは支給されるが、期間中は無償。

交通費も出ない。

宿泊や東京までの移動手段も自分で手配しないといけない。

この素案に対して、ネット上では「条件が厳しすぎる」「語学経験込みだと、派遣なら時給1400円はもらえてもおかしくないな」などの意見が相次いだ。

そもそも、ボランティアとは、社会のために自ら進んで、無償で働くもの。

それが「タダ働き」と受け止められる声が出てくるのはなぜなのか。

以下、筆者の見解。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会のメンバーには、自分たちの利権、私利私欲で動いている者が大勢いることでしょう。

そんな腹黒い連中に搾取され利用されることに対して、人間家畜サイドの方たちから反発の声が上がるのは当然です。

もっとも、新しく都知事になられる方はこの闇にもメスを入れるつもりでいるようです。

メスを入れられる人。森元首相。

412 jpeg

低所得者向けに空き家を活用 国交省

国土交通省は、低所得者向けの住宅に空き家を活用し、家賃を一部補助する方針を固めた。

公営住宅を十分に供給できないためで、都道府県ごとに一定の基準を満たす空き家を登録し、入居希望者に仲介する仕組みを来年度につくる。

低所得者の住宅環境の改善と、空き家の減少を目指す。

家賃は周辺より安くし、自治体は所有者に家賃の一部を補助する。

所有者へのリフォーム代補助も検討する。

具体的な入居基準や補助率、補助対象は今後詰め、来年の通常国会に関連法改正案の提出を目指す。

411 jpeg

いまだ日本はアメリカの植民地。

日本国民のお金はアメリカを牛耳る1%の国際金融資本家に不当に収奪されています。

その流れを断ち切って税金を真っ当な政策実現のために使うならば、間違いなく日本は社会福祉大国になれるでしょう。



東京都知事にふさわしくない人、増田寛也さん

この人、その馬鹿さ加減においてトランプ氏に似ている気がするのは筆者だけなのでしょうか。
409 jpeg

410 jpeg
増田さんは岩手県知事時代、1年間で国内外に171回も出張を行い、さらにファーストクラスを利用していた。

なかでも2013年8月の出張では〈南北アメリカ訪問で、16日間の渡航と宿泊費が383万円だった〉(岩手日報16年5月17日付)

「週刊文春」(文藝春秋)7月21日号では、増田さんが総務相当時に赤坂の高層マンションを2億円ほどで購入した事実を報じ、これは国務大臣らが在任期間中に不動産取引を行うことの自粛を求める大臣規範(国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範)に反しているのではないかと指摘した。

「がんばらない宣言」「環境首都」などのキャッチフレーズで全国に名を売ったが、県債残高は知事就任時の七千億円から一兆四千億円に倍増。

内陸部と県北・沿岸部の地域間格差や医師不足という課題も深刻化した〉(岩手日報07年1月27日付)

公共工事や大型開発事業といったいかにも自民党的な土建政策によって結局1.4兆円もの借金をこしらえた。

それが増田さんの偽らざる知事時代の業績。

こうした厚顔さを裏付けるエピソードはさらにある。

増田さんをめぐっては、都知事選公示日前日の13日に、ある企業がひっそりとこんなプレスリリースを流していた。

〈当社取締役の増田寛也は、本年7月8日をもって取締役を辞任いたしました〉

これを発表した企業というのは、東京電力ホールディングス。

増田さんは14年6月から東電の社外取締役に就任しており、公示日を前にこっそり退任したのだ。

しかも、増田さんは東電株を1902株も取得している。

13日に開かれた記者会見でも「安全性が確認された原発を動かす政策は認めていくべきだ」と明言するなど、原発の再稼働を後押しする姿勢を見せていたが、もし現在も東電株を保有しているとなると、増田さんは立派な東電の利害関係者である。

増田さんが繰り返してきた「地方創生」というスローガンは、東電社外取締役という自身の立場から発せられていたのだ。

つまり、増田さんは自分の利害で政策を提言するような人物ということなのでしょう。

奨学金で借金奴隷化!「死んでも働いて返せ!」

奨学金によって社会や大学が「借金奴隷養成場」になっている。

今の日本学生支援機構の奨学金は借金です。

学生、大学院生、研究者の約半数が奨学金を借りざるを得ず、借金漬けにされている実態があります。

借金を返済するのが社会の道徳であり、「金を返せなかったら人でなし」との烙印を押されます。

奨学金は、学生を借金漬けにしておいて、「借金は必ず返せ。返すために死んでも働け」 と債務者を追い込むのです。

死んでも働けという言葉には、ブラック企業に入っても耐えて働いて返せといった意味も含まれます。

借金漬けにされた人は、まるで奴隷のように扱われています。

借金を返すためにブラック企業で働くという構図は、「借金奴隷化」といってもいいでしょう。

年齢性別を問わず、すべての民衆を借金奴隷化、人間家畜化するというシステム。

こんないかれたシステムを作り上げて搾取している張本人は一体誰なのでしょうか。

言うまでもなく、アメリカ株式会社を裏からコントロールしているグローバル企業と大株主、資金を貸し付けている一握りの国際金融資本家たちです。

人口比率でいえば1パーセントの輩たちによって、残り99パーセントの人々が奴隷化家畜化されているのですから、あきれてしまいます。

しかし、因果の法則に照らし合わせてみても、その不当に収奪されてきた彼らの財産ははく奪され、お金を自在に作り出す権限も奪われてしまうことになるのでしょう。

というよりも、すでにその流れは始まっている様子です。


都知事選、山口敏夫候補が小池ゆりこ候補を応援

他人の不幸の上に自分の幸福を築く社会は、今後ますます速度を上げてフェードアウトしていく運命にあります。

次にやってくる母性愛に裏打ちされた境涯の高い社会を最短距離で作り出す最適なリーダーのひとりが、小池ゆりこさんです。

他の候補者は、大多数の都民の血税に寄生している輩たちの操り人形にすぎません。

連中は大多数の都民から搾取して私腹を肥やしていける現行のシステムを壊されたくないのです。




やがて都民を大借金地獄に落とそうとしている増田寛也さんごときを応援している政党は、またしても悪に妥協しすぎているといわれても仕方ありません。

良心の呵責に耐えかねて、後で発狂してしまう議員さんが出てきてしまうかもしれません。

都議会のドン、内田茂さん

人相が悪過ぎますね。

408 jpeg

あたかも善人のように自分を装っていますが、とびきり境涯の低い人物です。

アメリカの戦争屋の手先となって既得権益を死守したい自己保身の気持ちはわかりますが、もうこのような時代遅れのリーダーは必要とされていないのです。

すみやかに墓穴を掘って自滅していただきたいものです。

負けるな!ジャンヌダルク、小池百合子さん。

1,4兆円もの大借金を残してとんずらした実務経験を持つ元岩手県知事の唯一の公約は、既存の輩たちの既得権益を守ること。