2014年12月 - 仏法研鑽塾Ⅲ

おんなの時代:子供がいる20〜30代の半数「生きづらい」

記事転載。

毎日新聞横浜支局が県内在住の女性440人に「女性にとって生きやすいですか」と質問したところ、子どもがいる20〜39歳の48%が「生きづらい」と答え、全体平均の33%を大きく上回った。

生きづらさを感じている女性は年代が高くなるにつれて減少し、子どもがいる60歳以上では25%、子どもがいない場合では21%にとどまった。

子どもの有無や世代で意識に隔たりが生じている実態が浮かんだ。

調査は12月、インターネットで実施。対象者は、子どもの有無や世代別にほぼ均等になるよう抽出した。

平均では「生きづらい」(33%)が「生きやすい」(30%)をやや上回ったものの、「どちらとも言えない」も39%と多かった。

各世代で「生きづらい」とした割合を子どもが「いる」と「いない」で分類すると、20〜39歳(48%、39%)、40〜59歳(32%、33%)、60歳以上(25%、21%)となり、子どもがいる20〜39歳の女性が、子どもがいる同世代や他の世代と比べて突出して高くなった。

理由として、「仕事と育児の両立を求められることに息苦しさを感じる」という趣旨の回答が目立った。

また、「生きやすい」と感じる割合が最も高かったのは、子どものいない60歳以上の37%だった。

理由は、「職業の選択肢が広がった」や「昔よりはまし」などが多かった。

昔はお父さんが一人働いていれば、一家4人が暮らしていけました。

ふたりの子供を大学へ行かせ、家も購入できました。

しかし、現在はどうでしょう。

夫婦共働きで、食べていくのがやっと。

本来ならば、一般庶民に回されるべきお金を、こっそりと吸い上げている輩がいるからです。

もはや政府は当てになりません。

日本政府は輩の計画実現に加担している「操り人形」です。

闇の勢力の計画を破綻させることができるのは、目覚めた民衆の行動のみ。

今後、庶民の経済状況はさらに悪化していくことになるでしょう。

だから守りを固めることを忘れずに。

油断しないで。









スポンサーサイト

輸血代替液の問題は100年以上も前に解決していた!



記事転載。

自分たちで病気を作り出し、人を救うと称した欺瞞性に充ち満ちた発病剤ビジネスの頂点­として君臨してきた夢の発病剤、病人を大量製造できる経営の特効薬である輸血製剤の問­題は既に100年以上も前に解決していたのです。

輸血製剤は虚構の産物です。

その目的は何か?"医猟学会"の本当­の目的は何だったのか?

それは人を救命する目的とはまったく異なります。

すべての発想を逆転させる必要があり­ます。医学はいかに人を悪化させ、殺害するかということを目的に発展繁栄してきた偽り­の産業なのです。

救急救命医療と称した現場では、実は事故や病死として片付けられていますが、医原死の­死人が続出しています。

交通事故死として業務上過失致死罪に問われていた多くの事件は­本当に交通事故そのものによる死因だったのでしょうか?

その死因の重大要因のひとつが­輸血製剤だったのです。

甚大な医原病と犠牲者を発生させてきた輸血製剤は、経営を潤す医原病を発生させること­から、優れた病院経営の特効薬として使われ続けてきました。

国家と医猟界が人を救うだの愛だのといった美辞麗句を並べているのは、自分たちの本性­が醜悪な悪魔そのものであるからです。

収奪殺人のワナに陥れるための口実に過ぎません。

愛の献血だのと信じているのは屠畜場­の豚が「人間様たちの愛に包まれて僕たちは天寿を全うできるのだ」と信じているような­ものです。

そんなオメデタイことがあるわけがありません。

医学、国家、警察、裁判所、学校教育、­法律、これらは家畜を抹殺するためのシステムとして構築されています。

赤十字社の献血­も同じです。

虚構の世界の真実から目覚めなければなりません。

本質が究極の悪魔たちであるからこそ、大衆には、美しく、そのように美しいものだと思­い込ませておかなければならなかったのです。

美しく見せなければならないものには美し­く見せなければならないだけの理由があったのです。

私たちは国家行政、司法の闇こそが卑劣な生物兵器剤テロ犯、大量殺人犯であることに気­がつかなければなりません。

エホバの証人輸血拒否事件の真相は大衆がダマされていたのです。



ガン患者さんへのメッセージ



記事転載。

抗ガン剤と称した化学兵器剤はWHOに指定された第一級の猛烈発ガン物質として指定さ­れています。
1925年にジュネーブ議定書で戦時使用が禁止されたマスタードガス(イペリットガス­)などの発ガン物質を医療界は暴利を生み出す荒ましい発ガン性と重篤な後遺症に目を付­­­け、患者を騙して投与し、意図的に発ガン、発病させ、虚構の病魔を演出して甚大な­被害を出している事実が隠蔽されてきました。

現代医学はガンを治す気など全くありませ­ん­。

まったく逆です。

病魔をいかに爆発させ、暴利の収奪の得るかという研究に明け暮­れています。

抗ガン剤の本当の正体は凄まじい第一級の猛烈発ガン物質です。

ピンクリボン運動の実態­は医療マフィアたちによる毒ガスハンティングです。

作用機序が解明されたことで、現代医学で治療と称してやっていることのほとんが収奪を­目的とした凶悪犯罪であることが科学的根拠として証明できました。

悪魔達は国家利権と手を結び、独占利権でマスタードガスなどを使用した史上最悪の悪徳­商法を繰り返してきました。

この独占利権が世界的に牛耳る悪魔達の暴力を止めなければなりません。

そのためには、­まず被害者が声を上げることが必要です。



「イスラム国」は偽物

「イスラム国」は偽物


イラクとシリアで活動する過激組織「イスラム国」は、シャリア(イスラム法)に基づくカリフ(預言者ムハンマドの後継者)による厳格な統治を主張する。

これに関し、エジプトで強い影響力を持つイスラム厳格派指導者ヤセル・ブラハミ氏は「イスラムの名前をかたる偽物」と強く批判した上で、真のイスラム国家は民主主義と両立すると説いた。

「皆が話し合って決めるというのは、もともとイスラム教の基本的な考え方だ。真のイスラム国家は権威主義体制にはならない」

「私たちはシャリアに違反しない形で民主主義をつくるべきだ」

イスラムにも浄化の動きが出てくるかもしれない。


人口1億人維持へのビジョンと戦略

人口1億人維持へのビジョンと戦略

政府は27日の臨時閣議で、地方創生の方針や人口減対策を盛り込んだ「長期ビジョン」と、2020年までの数値目標を示した「総合戦略」を正式決定した。

目標とする「50年後に1億人程度の人口維持」実現に向け、国と地方の取り組みが本格的に動き出す。

人口減対策、若者の東京集中「食い止める」

日本政府はアメリカの戦争屋の操り人形。

忠実に人口削減計画を実行しているくせに、こんな戦略を発表する。

この計画がうまくいかないのは自分でもわかっている。

やってることが、まるでショープロレスだね。

振りをしているだけ。

国民を馬鹿にしているのか。


中国のミリ波ビームの新兵器

人間チン。中国のミリ波ビームの新兵器WB-1は見た目ただのトラック



中国が公開した非致死性兵器「Poly WB-1」。

中国政府によると、射程距離は80m(今後の改善で1kmまで伸びる可能性あり)。

ミリ波ビーム(波長1~10mmの電磁波を放射して、人間の体内の水分子を興奮させ、激痛を走らせる兵器だという。

この兵器が電子レンジの有害性を証明することになるだろうね。