教育 - 仏法研鑽塾Ⅲ

「ありがとう」と言わない人は"必ず失う(元アメリカ合衆国国務長官 コリン・パウエル氏)

438   

記事転載。

私は国務長官をしていたとき、警備担当者の目を盗み、きれいに磨かれたオフィスをあとにして駐車場まで下りてみたことがある。

駐車場の運営は外注で、働いているのはだいたいが移民か少数民族。給与は最低賃金に近いレベルだ。

駐車場は、職員の人数に対して小さすぎた。

だから、毎朝、ものすごい苦労をして車を詰め込むことになる。

キーを預かった係員たちが、隙間がほとんどないほどきっちり縦に並べて駐車するのだ。

国務長官が駐車場をぶらついたことなどなかったからだろう、係員は私が道に迷ったと思い(そういう面もないではなかったのだが、私は迷ったと認めなかった)、「帰り道」を教えましょうかとたずねてきた。

「いや、いいよ。君たちとちょっと話ができたらと思っただけだから」

そう言うと、彼らはびっくりしながらも喜んでくれた。

私は、仕事はどうか、どこから来たのか、一酸化炭素は大丈夫かなど、いろいろとたずねた。なにも問題はないとのことだった。

しばらく雑談したあと、不思議に思っていたことを聞いてみた。

「毎朝、車が次々に到着するとき、最初に出られる位置にどの車を停めるのか、2番目、3番目にどの車を停めるのか、どうやって決めるんだい?」

係員は顔を見合わせて薄く笑い、そのひとりがこう教えてくれた。

「国務長官殿、ま、どういうふうかってぇとですね……ここに着いたとき、車の窓をあけてにっこり笑いかけ、オレらの名前を呼んだり『おはよう。元気にやってるかい?』などと声をかけてくれる人は最初に出られるところっすね。前をじっと見てオレらが何かをしてあげていると気づきもしない人、オレらがいることにも気づいてくれないような人とかは、ま、最後に回されますね」

このあたりで、私はにっこりと笑って礼を言い、私を探しているSPのところへ戻ることにした。

次の会議で、私は、この話を幹部たちに話して聞かせた。

「この建物で働く人に対し、敬意や思いやり、優しい一言をもって接して悪いということはありえない。

どの職員も欠くことのできない人だ。

どの職員も、そういうふうに見られたいと思っている」

脳外科手術のように難しい話ではない。

組織に属する人は一人ひとりに価値があり、その価値を認められたいと思っている──それだけのことだ。

人間というのは、承認と励ましを必要とする。

毎晩、私の執務室を掃除してくれる人は、大統領や将軍、政府閣僚と同じ人間である。

だから私はありがとうと一声かける。

それだけのことをしていると思うからだ。

自分のことを単なる掃除人だなどと思ってほしくない。

彼らがいなければ私は自分の仕事を全うできない。

国務省全体が彼らの肩にかかっていると言っても過言ではない。

組織が成功するとき、その仕事にくだらないものなどない。

ただ、これほどわかりやすく、簡単に実行できる原理を理解できない、くだらないリーダーが多すぎるだけだ。
 
Colin Powell(コリン・パウエル)
1937年、ニューヨーク市生まれ。ニューヨーク市立大学卒、ジョージ・ワシントン大学大学院修了。89年、米軍制服組トップの統合参謀本部議長に就任、湾岸戦争などの指揮を執った。2001~05年、ブッシュ(子)政権の国務長官を務めた。本記事で紹介した談話は、トニー・コルツとの共著『リーダーを目指す人の心得』からの抜粋である。
スポンサーサイト

ナチスからユダヤ人を救った異色の外交官、杉原千畝

記事転載。

ユダヤ人にビザを発給すれば自らも命を狙われかねない


走り出づる列車の窓に縋りくる  手に渡さるる命のビザは

1940年9月1日、リトアニア駐在の領事代理だった杉原千畝の妻、幸子はベルリンへ向けて走り出す列車の窓から夫が身を乗り出してユダヤ人にビザを渡す情景をこう歌った。

幸子は当時まだ20代である。

そのほぼ1ヵ月前の7月27日朝、リトアニアの首都カウナスの日本領事館は、突然、姿を見せたユダヤ人たちに囲まれた。

ナチス・ドイツの「ユダヤ人狩り」の手を逃れ、ポーランドからほとんど着のみ着のままやって来た人たちだった。

いたいけな子どももいる。

彼らは、日本通過のビザを発行してほしいと要請した。

しかし、日本は4年前の1936年にナチス・ドイツと日独防共協定を結んでいる。

日本領事館がユダヤ人にビザを発行したことがわかれば、杉原はゲシュタポに命をねらわれかねなかった。

けれども、目の前のユダヤ人たちは必死に助けを求めている。

当時5歳だった長男の弘樹が「あの人たちは何しに来たの?」と幸子に尋ねた。

「悪い人に捕まって殺されるので助けて下さいって言ってきたのよ」

幸子がこう答えると、弘樹はさらに、「パパが助けてあげるの?」と尋ねた。

幸子は言葉につまりながらも、「そうですよ」と言い、息子を抱き寄せた。

しかし、ユダヤ人を「助ける」ことは、この子をも危ない目に遭わせる可能性がある。

「そうですよ」という幸子の言葉は、自分の覚悟を定めるためのものでもあった。

その結論に至るまで、杉原夫妻は悩みに悩んだ。

ビザ交付の決断に迷ひ眠れざる  夫のベッドの軋むを聞けり

『白夜』等の歌集をもつ幸子は、こう歌っている。

千畝は、それからほぼ1ヵ月後に日独伊三国軍事同盟を結ぼうとしていた外務大臣の松岡洋右に、ビザ発給の許可を求める電報を打った。

外務省きってのロシア通だった千畝は直通のルートを持っていた。

もちろん、外務省の反応は否である。

それでもまた、許可を求めてくる千畝について、外務省の幹部の間では、こんな会話も交わされていた。

「杉原君は、ユダヤ人を助けようとしているのじゃないだろうな」

「まさか。彼もそこまではやるまいよ。外務省と軍部の関係は、だれよりも彼がよく知っているはずじゃないか」

「でも、万一ってことがあるからね」

「どうかねぇ。リトアニアはドイツの目と鼻の先だ。そんなところでかい?」

「そうだな。ドイツのあの破竹の勢いを直接感じているのは、われわれより杉原君のほうだからな。何も好んでドイツの癇にさわるようなまねをするわけはない」

「今は、松岡さんが三国同盟を結ぶためにがんばっておる。彼は外交官なら、そんなことができるわけがないよ」

杉原のことを書いた篠輝久の子ども向けの本、『約束の国への長い旅』(リブリオ出版)に引いてある会話だが、杉原のことをよく知る人は、しかし、こう言っていた。

「君たちは、杉原君のことをわかっていないな。彼は、殺されかかっているユダヤ人の子どもを放っておけるような男じゃないよ。ことによると、彼はやるかもしれん……」

とはいえ、杉原夫妻の懊悩は続いた。

そして遂に、千畝は外務省の命令に背いてビザを出す決心をする。

「いいだろう?」と確認する夫に、妻は強く頷いた。

「あとで私たちはどうなるかわかりませんが、そうして下さい」

千畝は外務省をやめさせられることも覚悟していた。

「いざとなれば、ロシア語で食べていくぐらいはできるだろう」

不安をまぎらすようにつぶやいた言葉を幸子は聞いている。

「ここに100人の人がいたとしても、私たちのようにユダヤ人を助けようとは考えないだろうね。それでも、私たちはやろうか」

幸子が書いた『六千人の命のビザ』(朝日ソノラマ)によれば、千畝はさらに、幸子の顔を正視して、こう念を押したという。
「ユダヤ民族の恩人」が日本で受けた仕打ち

ビザを待つ人群に父親の手を握る  幼な子はいたく顔汚れをり

千畝は「抗命」してビザを書き続ける。

昼食もとらず、睡眠時間も削って、書き続けた。

リトアニアを占拠したソ連(現ロシア)からの退去命令も厳しく、本国からも、領事館を閉鎖して直ちにベルリンへ行けという電報が届く中で、千畝はギリギリまでビザを出し続けた。

それに対して当時は何の咎めもなく、それからチェコの総領事などをやって、戦後、帰国して、千畝は「抗命」の罪を問われる。

その間、ソ連軍に捕まり、ラーゲリでの生活も経験した。

ロシア語が達者なためにスパイの容疑をかけられ、厳しい取り調べも受けた。

そんな辛い思いをして帰って来た千畝を待っていたのは、外務省の辞職勧告だった。

これからは平和のために仕事ができると、外務省に次官の岡崎勝男を訪ねた千畝は、「杉原君、自分がリトアニアで何をしてきたか、わかっているでしょう。命令が聞けない人に外務省にいてもらっては困ります。やめて下さい」と言われる。

千畝は、一瞬、声をのんだ後、「わかりました」と答えるしかなかった。

リトアニアで「命のビザ」を発給されたユダヤ人は、「どんなに月日が経とうとも、私たちは必ず再びあなたの前に立ちます。そして、ユダヤ民族の碑に、あなたの名前を刻みます」と誓い、日本の外務省が杉原千畝について何も消息を教えなかったのに、あきらめずに探して顕彰した。

1991年7月7日、日本テレビの「知ってるつもり!?」で杉原千畝のことが取り上げられ、それを見た中学生が、どうして教科書には杉原さんのことが出てこないのか、東郷平八郎のことを教えるより、杉原さんのことを教えたほうがずっといいのではないか、という手紙を幸子のところによこしたとか。

その6年前にイスラエルの外相シャミルが来日し、歓迎レセプションが開かれた。

当時の首相、中曽康弘や外相の安倍晋太郎も出席したが、85歳になっていた千畝もイスラエル大使に招かれて出席した。

イスラエル政府は千畝を会場の真ん中に呼び、中曽根と安倍に、「杉原さんはユダヤ民族の恩人です」と紹介した。

しかし、この時点で2人とも、千畝について何も知らなかった。

それから6年後に、外務官僚の反対を押し切って、外務政務次官の鈴木宗男が幸子と弘樹に公式に謝罪し、“和解”を求める。

千畝はすでに亡くなっていた。

「正直言って、今さら何をと思いました」と幸子は私に語った。



真夜中に保護者から電話、授業は片手間…教師「激務」の実態

記事転載。

公務員の中でも激務とされる教師たち。

労働時間は、世界的に見ても長い。

しかもその時間の多くは、本業以外の保護者対応や報告書作成に費やされている。

午前7時には出勤して、8時過ぎから始まる授業に備える。

放課後は児童の指導や保護者対応、ノートのチェックやテスト作成に追われる。

授業の準備にとりかかると、あっという間に午後10時を回ってしまう。

1カ月の残業時間が100時間を超えることもザラ。

終わらない仕事を自宅に持ち帰っては、睡眠時間が削られていく。

「教師に、タイムカードなんてない」

中越地方の小学校で働く50代の女性教師の言葉だ。

児童の家庭に問題があれば、その対応にかかりきりになる。

小学4年生の担任をしていたとき、ある男子児童の両親が離婚。母親は再婚したが、義理の父親は「しつけ」と称して男児に暴力をふるった。

男児は保健室に引きこもり、下校時間が近づくと「5時になっちゃう。6時になっちゃう」とおびえるようになって、やがて家出を繰り返した。

女性教師は男児を捜して警察官と街を歩き回り、明け方に倉庫に隠れているのを発見したこともある。

児童同士のけんかに親が激怒。

午前0時に「なぜ学校でけんかが起きるのか。けががなくなるように計画書を作って持ってこい」という電話がかかってきたこともあった。

朝を待って午前7時に家庭訪問して謝罪。

他の親からも同様の「クレーム」があり、「出るところに出てやる」と脅されたことが引き金になって、うつ病に。

その後1年半、休職した。女性教師は言う。

「トラブル対応で肝心の授業準備が片手間になってしまうことも、強いストレスでした」

以下、筆者の見解。

輩たちの作り上げた「強欲強奪資本主義」システムが、親だけでなく子供たちにも悪影響を与えているのでしょう。

そのしわ寄せが公立学校の先生たちに来るわけです。



教頭はうつ病になりやすい

記事転載。

心理学者の小倉千加子氏は、公立学校で働く教頭先生の過酷な労働環境の実態についてこう話す。

古い友人から2年ぶりに電話があった。

その市では最年少の若さで公立小学校の校長になった女性である。

現在は教育センターの現場の教員の指導に当たっている。

センターの長として近々小学校の教頭先生たちに「元気を出させる話」をしなければならないのだが、何を話せばいいかを考えると悩んでしまうというのであった。

「学校を変えるいい方法を考えないといけないんですよ」

そもそもなぜ教頭先生に元気になってもらうのかというと、今、現場では教頭のなり手が激減していて前の3割くらいしかいない。

その原因に教頭先生の激務と疲労困憊ぶりがあるからだという。

教頭先生の仕事の中には「保護者対応」「地域対応」があり、それは苦情の電話に対して謝ることや、土曜や日曜に運動場を地域の人に開放するために鍵を開けに出勤することなどなどである。

公立学校の先生がうつ病に罹(かか)る率は民間企業に比べて近年異常に高い。

超過勤務や持ち帰り仕事が普通にあるが、しかしそういうことがストレスの直接の原因ではないという。

超過勤務や帰宅してからの仕事のために、睡眠や休息をとるための時間が少なくなり、授業のための十分な研究や準備の時間が確保できない。

学校にいて同僚や同じ学年の担当とコミュニケーションをとって授業のことを考える時間がない。

何らゆとりのない状態で日々の授業を流しているのである。

それでも年間授業計画は作らなくてはいけないので、書いたことと行動していることの乖離が甚だしくなり、自己肯定感が持てなくなる。

そして何より、保護者との関係が難しい。

教頭になると、官庁に出す膨大な報告書の作成に追われ、一日パソコンの前に坐っている。

立っている時は、電話を受けながら直角になって謝罪している。

休みの日にも出勤するので、平の教員以上に疲労が蓄積し、回復することがない。

「今に、誰も教頭にならなくなりますよ。そんな教頭先生を元気にするために何を話すかなんです」

「聞いていると、全てが心理的な負担の問題ですよね。仕事の量を減らさずに個人の心理的な負担感を軽減させるというのはおかしいでしょう?」

「おかしいです。教頭を元気にさせるというのも、私に与えられた上からの命令なんです。実効性がなくても、報告しなくてはならないんです。公立のここがおかしいと思うところはありませんか?」

「入学式をなぜ平日にやるんですか?」

「え? 平日にやると何がいけないんですか?」

「働くお母さんが増えているのに、平日だと参加できないじゃないですか」

「そんな……。入学式は開校以来ずっと平日です。そのことに何の問題も起こっていません」

「運動会の昼食時間に、児童が給食を食べに校舎に入っていくので、親も自宅に戻り、午後の部はもう来ない。一部の家族だけが校庭でお弁当を開いているのは?」

「それは各学校で違うんです。お弁当を持ってこられない児童もいるんですから」

「給食費を払わない親にはどうするんですか?」

「給食費を払って下さいと教頭が家庭を回って頼みに行くんです。それでも払えないと言って払ってもらえません。え? 私立では給食費を払わない親はいないんですか?」

「いません」

それから、大阪府が公立中学にも給食を導入したことで教頭先生の仕事がまた一つ増えますねという話になった。




山本太郎が高校生100人を前にして語ったこと

山本太郎が高校生100人を前にして、子供の夢をブっ壊す演説を行う!2015/8/­4

本質ついた演説ではあるが、これから奨学金で大学に行く希望を持った子供たちに、「有­利子奨学金は人間を切り売りして商品化、食い物にされている」などと夢も希望もぶち壊­す発言のオンパレードという内容で話題となった動画。

だが、選挙権が18歳になることを考えれば、これからの時代は子供たちに対して「夢よ­りも現実」を教えていくことも多少は必要なのかもしれない。




若者がひとつになれば国や社会を変えることができる。

これからの重要なテーマです。






虐待受けた子供:脳の機能低下

記事転載。

虐待など親から不適切な養育を受けて反応性愛着障害(RAD)になった子供の脳は、そうでない子供に比べて視覚的な感情処理に関わる部位が小さい傾向があることが福井大などの研究で明らかになった。

やる気や意欲などに関わる部位の活動が低下していることも判明。

褒められても心に響きにくいと考えられ、被虐待児に一般的に施される「成果を褒める」などの心理療法の効果が少ない可能性も出てきた。

研究成果の論文が欧州などの専門誌電子版に掲載された。

RADは、子供時代に養育者から受けた体罰や暴言によって養育者への愛着がうまく形成されずに発症する精神疾患の一種。

衝動や怒りのコントロールが難しいなどの症状がある。

研究グループは、10〜17歳のRADの21人とそうでない22人の脳の断面を磁気共鳴画像化装置(MRI)で撮影。形態や働きを比べたところ、RADの子供は「視覚野」の灰白質(脳神経細胞が集まる領域)の容積が2割ほど少なかった。

この部位はダメージを受けると他人の表情から感情を読み取りにくくなるといい、虐待などが脳に影響を与え、症状につながっている実態が分かった。

また、10〜15歳のRADの子供16人とそうでない20人に金銭報酬を得られるゲームをしてもらい、脳の活動を調べたところ、やる気や意欲などに関わる「線条体」の活動量の平均が、RADの子供はそうでない子供の半分以下だった。

こうした結果から、RADの子供は「報酬」へのモチベーションが低いとみられ、一般的な治療とは別の方法が必要な可能性が高まったという。

福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授(小児発達学)は「RADや関連する精神疾患の発症メカニズムの理解や治療法の開発につながる成果」と話している。

以下、筆者の見解。

仏法の教えに沿って解釈するならば、子供を虐待する悪い親は「因果の法則」に裁かれてしまいます。

悪い親の場合はそれでいい。

しかし虐待を受けてRADになった子供の脳を元通りに回復させるには、相当な時間と労力が必要な気がします。

成人してからも回復せずに、生涯その人のトラウマとなってしまう場合もあるでしょう。

以前のブログで、これからは私たちより優秀な能力と人格を持った子供たちが生まれてくると書きました。

その子たちを抹殺しようとする動きも出てくるとも書きました。

その最たる人物こそ、無知で境涯の低い「実の親」なのです。

だから、この無知で境涯の低い「実の親」の虐待から子供たちを守る仕組みを多岐にわたって作っておくこと。

これが重要です。