STAP細胞 - 仏法研鑽塾Ⅲ

iPS細胞・STAP細胞〜再生医療にだまされてはいけない

「食」は「血」となり「肉」となる。

つまり、栄養源は、血球細胞(赤血球、リンパ球)となり、次に同化して体細胞となる。 

この一事をみれば、血球細胞こそが、万能細胞なのだ。
 
子どもでもわかる。

それが、山中教授などエライ先生たちには、理解できない。
 
教科書秀才は、どこまでいっても記憶マシーン、記憶ロボットなのだ。
 
人間が飢餓、空腹状態になると、今度は「肉」は「血」となり「食」となる。
 
つまり、体細胞は、異化して血球細胞となり、さらに栄養源となり生体を養う。
 
これが、生命の基本原理である。




真の再生医療は、すでに存在する。

それは、ファスティングである。
 
断食、少食は、古い臓器・組織はデトックスし、全身の細胞を若返らせる。
 
そして、この自己浄化と再生で、万病は消えていく。

正しい呼吸法を行って、養った「気」の力で眠っている遺伝子を活性化させることが最重要課題なのでしょう。



スポンサーサイト