STAP細胞 - 仏法研鑽塾Ⅲ

iPS細胞・STAP細胞〜再生医療にだまされてはいけない

「食」は「血」となり「肉」となる。

つまり、栄養源は、血球細胞(赤血球、リンパ球)となり、次に同化して体細胞となる。 

この一事をみれば、血球細胞こそが、万能細胞なのだ。
 
子どもでもわかる。

それが、山中教授などエライ先生たちには、理解できない。
 
教科書秀才は、どこまでいっても記憶マシーン、記憶ロボットなのだ。
 
人間が飢餓、空腹状態になると、今度は「肉」は「血」となり「食」となる。
 
つまり、体細胞は、異化して血球細胞となり、さらに栄養源となり生体を養う。
 
これが、生命の基本原理である。




真の再生医療は、すでに存在する。

それは、ファスティングである。
 
断食、少食は、古い臓器・組織はデトックスし、全身の細胞を若返らせる。
 
そして、この自己浄化と再生で、万病は消えていく。

正しい呼吸法を行って、養った「気」の力で眠っている遺伝子を活性化させることが最重要課題なのでしょう。



スポンサーサイト

STAP細胞”徹底解説

ストレスを与えることで初期化する、他とは違う特別な細胞が存在するというSTAP細胞の考え方は間違い。

もともとすべての細胞には自らを初期化するタンパク質を作り出すDNAが存在しているのではないでしょうか。


STAP調査費9200万

STAP(スタップ)細胞の論文不正問題を調査するために理化学研究所が支出した費用は、2013~14年度で計約9200万円にのぼることが会計検査院の調べでわかった。

小保方晴子・元研究員(32)らのSTAP細胞の研究費は、11~13年度で計約5300万円となっており、調査費が研究費を大幅に上回った。

理研は「法律専門家への相談や、試料の分析に費用がかかった」と説明している。

費用対効果無視、採算度外視。

どちら側も腐りきった体質、境涯ですね。

いつものように、輩たちは国民の払った税金をかすめ取っていきました。



STAP細胞:133回の再現実験ですべて作れず

STAP細胞:133回の再現実験ですべて作れず

STAP細胞論文の研究不正問題で、米ハーバード大のグループなどが計133回の再現実験ですべてSTAP細胞を作れなかったとの報告を、24日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

理化学研究所も「STAP細胞はES細胞(胚性幹細胞)由来だった」との試料解析結果を報告した。

ハーバード大のジョージ・デイリー教授らの報告によると、再現実験は米国、中国、イスラエルの計7グループが実施。

STAP細胞の作製方法は、論文に掲載された以外にも共著者で同大のチャールズ・バカンティ教授らが発表していたが、どの方法でも成功しなかったという。

もともと、この事件の本質は関連株価のインサイダー取引と長期的な研究費の詐取にあったからね。

すでに輩たちの悪巧みは上手くいかない時代に突入しています。

だからこの一件も線香花火のようにしぼんでしまったのです。



野依理研理事長会見の一問一答「STAP問題、最大の責任は研究者」

STAP(スタップ)細胞の論文不正問題をめぐり、理化学研究所が進めた再発防止のためのアクションプラン(改革計画)に対する外部委員会の評価などを受けて会見した野依良治理事長(76)の主な一問一答。

誰がどんな動機で、胚性幹細胞(ES細胞)を混入させたか分かっていないが

「何をもって真相とするかだ。STAP細胞はES細胞の混入であり、研究全体が虚構だったということが最も大事な結論。行為者を特定すべきとの声があるのは承知しているが、詳細な検討の結果、法的な措置を行わないとの結論に至ったと認識している」

ES細胞を混入させた犯人は戦争屋の手下のエージェント。

テレビで報道されたニュースの後方に映っていたはずです。

理研も政府も戦争屋には手を出せないのでしょうね。

日本国はいまだに独立していない。

アメリカの植民地だからね。

理研の思考停止で遠ざかるSTAP細胞の真相解明






理研の思考停止で遠ざかるSTAP細胞の真相解明

理研の思考停止で遠ざかるSTAP細胞の真相解明




新しい万能細胞として注目を集めたSTAP細胞について、理研は2014年12月19日、検証実験で「再現できなかった」と発表。

15年3月までを予定していた実験を打ち切った。

脇の甘い組織の体質もあるのでしょうが、ほとんどの理研の人たちは何も知らされていない様子ですね。

知っていたのは、闇の勢力の手下のみ。



「論文のSTAP細胞、なかったことはほぼ確実」と調査委

「論文のSTAP細胞、なかったことはほぼ確実」と調査委

「論文に載ったSTAP細胞がなかったことは、科学的検証からはほぼ確実と言って構わないと思う」

「STAP細胞」論文について調査していた、理化学研究所の調査委員会で委員長を務めた桂勲氏(国立遺伝学研究所長)は12月26日、調査結果を説明する記者会見でこう述べた。

また予言的中してしまったね。

こういうことは筆者の身の回りでよく起きることなのです。

STAP細胞は始めから存在しない。



STAP「ES細胞が混入」=論文すべて否定

STAP「ES細胞が混入」=論文すべて否定

 STAP細胞の論文問題で、理化学研究所が外部の有識者を集めてつくった調査委員会(委員長・桂勲国立遺伝学研究所長)は26日、STAP細胞について万能細胞のES細胞(胚性幹細胞)が混入された可能性が高いとの調査結果を公表した。

混入した人物は特定できず、故意か過失かの判断は難しいという。

また調査委は、小保方晴子元研究員(31)が作成した論文の実験図表に、新たに2件の捏造(ねつぞう)があったと認定した。

万能細胞のES細胞(胚性幹細胞)を混入したのは、戦争屋の手先だよ。

大衆を騙すのはお得意の技。

STAP細胞関係で発生しただろう長期的な研究資金をくすねる計画はご破算になったけれど、株取引で大儲けした連中は、今頃、涼しい顔をしているだろうね。






小保方氏、1600個試しても万能性確認できず

小保方氏、1600個試しても万能性確認できず

「自分の仮説を信じ、一生懸命に実験に取り組んでいた」というが、約1600個の細胞の塊を試しても、万能性を確認できるマウスはできなかったという。

はじめから「STAP細胞は仮説に過ぎなかった」と自分で白状したね。


STAP細胞は始めから存在しない。


STAP否定、論文共著者の米教授コメントせず

理化学研究所の検証実験でSTAP(スタップ)細胞の存在が否定されたことについて、論文共著者のチャールズ・バカンティ米ハーバード大教授が所属する病院は19日、「今のところ教授はマスメディアにコメントするつもりはない」と述べた。

STAP細胞は、はじめからでっち上げ。

以前に書いた筆者の記事通り。


STAP細胞は始めから存在しない