ロシア - 仏法研鑽塾Ⅲ

チェルノブイリで「環境ルネサンス」か

392 jpeg

記事転載。

世界で最悪の原発事故の現場が30年近く、ほぼ見捨てられたまま放置されたら、何が起きるのだろうか?

旧ソ連(現ウクライナ)チェルノブイリ(Chernobyl)の事例は、人間はいなくなったが放射能に汚染された巨大な自然保護区の中で、野生生物がどのように回復するのかを知る稀有な機会となっている。

「人間が去ると、自然が戻る」。


チェルノブイリの立入禁止区域の生物学者、デニス・ビセネブスキー(Denys Vyshnevskiy)氏は、AFPの記者が同区域を訪問した際に語った。

近くでは野生の馬の群れが食べ物を探していた。

1986年4月26日に原子力発電所の原子炉の一つが爆発し、スウェーデンからギリシャにまで達する放射能の雲を放出した旧ソ連・ウクライナの北端で、何らかの生命体を受け入れることがなぜ可能なのか、不思議に思う人もいるかもしれない。

4号炉の炉心溶融(メルトダウン)の事故対応にあたった約30人の緊急隊員たちは勇敢だったが、防護が劣悪だったために数週間のうちに死亡し、幅2800平米キロの立入禁止区域が設置された。

世界保健機関(WHO)は2005年に、放射能関連の疾病で4000人が死亡する可能性があると推定したが、環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)はこの数字を著しい過小評価だと非難した。

ビセネブスキー氏によると、立入禁止区域に現在いる動物は寿命が短く、子孫の数も少ないかもしれないが、その数と種類は1991年にソビエト連邦が崩壊するかなり以前から観察されたことがないような速さで増えているという。

「ここには常に放射能があり、否定的影響を及ぼしている」とビセネブスキー氏。

「だがその影響は、人間の介入がないことほど大きくはない」

■環境ルネサンス?

事故の後、住民約13万人が同地域から避難した。

子どもたちに置きざりにされた砂場やブランコなど放置され、冬にはその上に雪が積もる。

まるで時間の中で凍りついたかのようだ。

地中に浸透した放射能によって枯れた10キロ四方の松林、地元の「赤い森(Red Forest)」の死と共に、さまざまな鳥やげっ歯類、昆虫が姿を消した。

時が経ち、この森の木は切り倒され、新しい健康な木がその場所に現れた。

立入禁止区域は、地元住民の安全を守るため、家を懐かしむ彼らが近寄らないように軍の監視下に置かれた。

長年の間に数百人の年金生活者がひそかに戻ってきたが、自然界では奇妙なことがゆっくりと進行し始めていた。

一方では、人間の作物や廃棄物に頼っていた種が消えた。

コウノトリやスズメ、ハトは姿を消し、もはや空を埋め尽くすことはなくなった。

だがもう一方で、事故のはるか前に繁栄していた固有種が、再び姿を現した。

ヘラジカ、オオカミ、クマ、オオヤマネコ、オジロワシやその他多くの種だ。

1990年には、絶滅危惧種のプシェバルスキー馬を何頭か同地区に運び込み、定着できるかどうかを調べるという大胆な実験が行われた。

馬たちはやすやすと定着し、今や約100頭のプシェバルスキー馬が、荒れ放題の野原で草を食べている。

ビセネブスキー氏は、こうした再生を「環境ルネサンス」とみているが、他の科学者たちはもっと慎重だ。

米サウスカロライナ大学コロンビア校(University of South Carolina at Columbia)の生物学教授で、チェルノブイリや福島周辺の生物多様性について長期にわたり研究しているチームを率いるティム・ムソー(Tim Mousseau)氏が、AFPとの電話インタビューに応じた。

同氏によると、チェルノブイリに生息している種類の多様性、動物の数および生存性は、非汚染地域で期待される値を下回り、この傾向は放射能汚染が深刻な「ホットスポット」で特に顕著だと指摘する。

最も影響を受けていると思われるのはチョウや鳥で、主要な染色体への影響がその原因とみられると同氏は語った。

「ある地域の周りに柵を設ければ、増殖する機会を得る動物たちがいることは明らかだ。

だが、目に見えるからといって、その数が本来増えるように増えているとは限らないし、通常存在するはずの生物多様性があるとも限らない」

さらに「概してほぼ全てのケースで、自然や野生の集団に対する放射能の否定的影響を示す明白な兆候がある。

カッコウの鳴き声でさえ、その影響を受けている」とEメールで付け加えた。
スポンサーサイト

The Dollar Will Collapse In 28 May 2016



Putin and Russian General Warns of US Collapse In 28 May 2016 – America Could Be Taken Over

Over the past few years, many experts have been warning of a crisis heading our way. More specifically, the concerns have centered on the inevitable collapse of the U.S. dollar. Who has stated that he believes the U.S. financial system is on the road to disaster.

Why are they panicking? Well, the short answer is that monetary stimulus is nearly at an end.

But what does that mean for U.S. stock markets? Does it necessarily signal a U.S. dollar collapse in 2016? The answers are far from clear, but there are legitimate fears of an economic collapse. At the very least, a stock market crash is virtually guaranteed.

Consider this; at the same time the Federal Reserve is wrapping up its monetary stimulus, we’re seeing a massive reordering of global power. China has evolved from being a regional power to a heavyweight on the international stage.

Russia successfully annexed Crimea and Eastern Ukraine without any practical opposition from the West, and Iran has been admitted back into the community of nations. The world has changed a lot in a surprisingly short while.

We’re no longer living in a unipolar world where America could singlehandedly dictate terms to everybody else. These days China, Russia, Germany, Iran, and Saudi Arabia are powerful geopolitical forces in their own right.

As political power redistributes to these countries, so too will capital flows. The U.S. dollar will be brought down from its pedestal and be measured alongside the yuan and the ruble. That much is clear.

Putin Pushes To Collapse US Dollar In 28 May 2016 ! This collapse will be global and it will bring down not only the dollar but all other fiat currencies,as they are fundamentally no different. The collapse of currencies will lead to the collapse of ALL paper assets. The repercussions to this will have incredible results worldwide.

プーチン大統領はシリアのアサド大統領に退陣を呼び掛けた

ロシアのプーチン大統領はアサド大統領に退陣を呼び掛けたが、拒絶されていたとイギリスのメディアが伝えた。

イギリスの新聞「フィナンシャルタイムズ」が西側の情報当局者らの話として伝えたところによると、先月ごろ、ロシア軍情報機関のトップがシリアの首都ダマスカスを訪問。

アサド大統領に面会した。

その際、「退陣すべき」という内容のプーチン大統領からのメッセージを伝えた。

が、アサド大統領は怒って拒絶した。

プーチン大統領の広報官は、退陣を求めたとする今回の報道を否定している。

さらに、

プーチン大統領は、ロシア革命の指導者レーニンを「彼の思想がソ連を崩壊させた」と強く批判した。

賛否両論の波紋が広がるなか、大統領府は発言が経済悪化に不満を募らせる国民の分裂を招く事態を懸念し、火消しに躍起だそうだ。

レーニンは年配者の尊敬を集め、ソ連崩壊後も遺体はモスクワの赤の広場で公開されている。

プーチン氏は21日、学術に関する諮問会議を開催。

詩人パステルナークがレーニンを批判した詩を引用した学者の発言を受け、

「(レーニンは)ロシアという名の建物の下に核爆弾を仕掛けた」

「世界革命はわれわれには必要なかった」などと述べた。

353 jpeg

イケイケ!プーチン大統領。

諸天の意思にに忠実に動いている人の言動は極めて正しく、かつ痛快です。

公明党の国会議員さんたちもこうありたいものです。

プーチン大統領「核のこん棒振り回すつもりない」

プーチン大統領は20日放送された国営テレビのインタビュー番組で、自国の核兵器について「安全保障の要素として改良し続けるが、『核のこん棒』を振り回すつもりはない」と述べ、抑制的な姿勢を示した。

番組のタイトルは「世界秩序」で、プーチン氏が国際関係について幅広く語った。

1979年の旧ソ連のアフガニスタン侵攻に関しては「現地政府の要請があった点で米国のベトナム戦争とは大きく異なる」と述べつつ、「全体としてソ連の失策だった」と語った。

超大国としての旧ソ連を肯定的に捉えるプーチン氏が、ソ連時代の軍事行動を批判するのは珍しい。


343 jpeg

この人は日増しに境涯が高くなっていますね。

さすがです。

これが諸天善神に強く守られている人の相です。




露軍機撃墜は「ISとの石油取引守るため」

ロシアのプーチン大統領は、先週トルコが露軍機を撃墜した理由について、「イスラム国(IS)」からトルコへの石油供給ルートを守るためだったと述べた。

「われわれの航空機を撃墜するという決断が、トルコ領内への石油供給ルートを保護したいという考えに基づいていたと考えるに足る、あらゆる理由がある。石油をタンカーに積み込む港に直結するルートだ」

「遺憾なことに、ISなどのテロ組織が支配する地域で生産されたこの石油が、産業規模でトルコに輸送されていることを確認する追加情報も得ている」

プーチン大統領はトルコを「テロリストの共犯」と非難するとともに、IS領内からの石油がトルコ経由で密輸されていると指摘している。

シリアとイラクの広い範囲を掌握しているISにとって、石油密売は主要な収入源の一つとなっている。



324 jpeg

以下、筆者の見解。

自作自演で立ち上げたテロ組織「イスラム国」をきっかけにして第三次世界大戦を引き起こしたい、アメリカの戦争屋グループ。

その輩たちは、いまのところアメリカと中東の石油利権を持つ者同士、結託して事を進めています。

しかし、いずれ世界を巻き込んだ戦争に発展させることは不可能と知ることになるでしょう。

アメリカの強欲石油利権グループは、世界中の石油利権すべてを手にしたいと画策しています。

その思惑に、サウジアラビアの石油利権グループも気が付くことでしょう。

そして、自壊本逆が起きてきます。

「イスラム国」を裏で支援しているサウジアラビアとアメリカの石油利権は、仲たがいを始めます。

内部情報もネットなどに漏れてくることでしょう。

民衆が結託して国際法廷の場に引きずり出して、今までの悪事を断罪して損害賠償させると良いと思います。





ロシア、シリアの反体制派に航空支援申し出

ロシア、シリアの反体制派に航空支援申し出

ロシアは、「イスラム国)」やシリア政府軍と戦闘を続ける「反体制派組織」に航空支援をする用意があると述べた。

「われわれは、『自由シリア軍(FSA)』と呼ばれる組織を含む、愛国的な反体制派も支援する用意がある」

309 jpeg

やるね!プーチン大統領。

この人は諸天の意思に基づいて動いています。

ロシアに出向いてきたアサドの本性と思惑に嫌気がさしたに違いありません。



露外相「米がシリア協議拒否」、プーチン大統領は痛烈米批判

露外相「米がシリア協議拒否」、プーチン大統領は痛烈米批判

298 jpeg

「もし本当に効果的な行動を取りたいのなら、(協議などの)作業を真剣で内容のあるレベルに引き上げるべき時期だ」。

「われわれのパートナー国の中には何も考えてないところがあると思っている」

戦争屋に操られているアメリカ政権に対する批判ですね。



テロ容疑者、「イスラム国」で訓練=ロシア

ロシア当局は12日、モスクワでテロを準備したとして拘束された容疑者数人が、シリア領内で過激派組織「イスラム国」から訓練を受けていたと発表した。 

アメリカの戦争屋が自作自演で立ち上げた「イスラム国」。

そこで訓練を受けたテロリストを世界中に拡散させて、第三次世界大戦を起こすきっかけにする。

腹黒いアメリカの戦争屋の計画です。

ロシア以外の国や地域も注意してください。

プーチン大統領は「善の勢力」に属している人ですので、戦争屋の悪事を未然に防ぐことができるのです。

どんどん証拠を集めて、いずれは国際法廷の場で戦争屋どもを断罪して刑務所にぶち込んでいただきたいです。

莫大な損害賠償をさせてやりたいですね。



IS対策、ロシア介入は「成果出せる」

IS対策、ロシア介入は「成果出せる」 シリア大統領

292 jpeg

シリアのアサド大統領は4日に放送されたイラン国営テレビとの会見で、ロシアとシリアが主導する過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦が成功しなければ、「中東全体が崩壊する」と述べた。

「昨年9月からシリア領内で対IS空爆を続ける米国主導の有志連合は「1年経過しても成果を出せない。むしろ、テロを拡散させ、外国人戦闘員を増強させている」と批判。

一方、ロシアとシリアは「テロとの戦い」で近隣のイラン、イラクと結束しているとし、「成果を出せる」とした。

293 jpeg

「イスラム国」を立ち上げたアメリカの戦争屋は、同盟国イスラエルを通して中東地域の支配拡大を目論んでいます。

一方、ロシアのプーチン大統領はそれを阻止するためにシリアに軍事介入しています。

アサド大統領の人格はさておき、アメリカの戦争屋VS善の勢力ロシアという見方も成り立ちます。



プーチン氏、年内訪日へ調整継続

国連総会出席のため、米ニューヨーク訪問中の安倍晋三首相は28日午後(日本時間29日午前)、ロシアのプーチン大統領と会談し、北方領土問題などについて議論した。

両首脳は、年内のプーチン氏訪日の実現に向けて引き続き調整することで一致した。

288 jpeg

安倍首相。

「プーチン大統領の訪日をベストなタイミングで実現したいという気持ちは変わっていない。そのために、平和条約交渉を中心とする政治分野、経済分野において成果を準備したい」

「平和条約締結交渉、すなわち領土問題は両首脳の合意に沿って進展させていく必要がある」

プーチン氏も同意。

日本、中国、台湾、ロシア、朝鮮半島、アメリカのオバマ政権は、皆、一致団結してアメリカの戦争屋の思惑を打ち砕いていくつもりです。

そんな流れができつつあります。