コスタリカ - 仏法研鑽塾Ⅲ

安全保障のカギは「女性」!? 軍隊を持たないコスタリカの戦略

軍隊を持たない「丸腰国家」コスタリカでは、1980年代に隣国ニカラグアで起こった内戦が自国に飛び火し、具体的かつ切迫した安全保障上の危機が生じていた。

その際、内戦の片棒を担いでいた米国に加担して再軍備するか、軍隊がないまま和平交渉するかが、1986年の大統領選の争点となった。

国民の選択は後者だった。

その意を受けて選挙に勝利したオスカル・アリアス大統領(当時)は、危機的状況を打開するために女性活用策を採った。

同国で軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレール元大統領の妻であるカレン・オルセン・デ・フィゲーレスの登用だ。

彼女を中米特命全権大使に任命し、中米地域で同時に起こっていたグアテマラ・エルサルバドル・ニカラグアの内戦の仲介にあたらせたのだ。

184 jpeg

安全保障のカギは「女性」!? 軍隊を持たないコスタリカの戦略

「子どもたちを危険にさらす内戦は、一刻も早く終わらせたい」

コスタリカが「丸腰国家」として生き残り、なおかつ周辺諸国にも平和をもたらした原動力。

そのキーワードが「女性」そして「母親」だった。

軍事力に頼り、内戦で多くの命を奪っている男性リーダーたちに対抗できるのは、命を産み出し育む女性たちの声。

日本も大いに学ぶところがあるのではないでしょうか。



スポンサーサイト