マクドナルド - 仏法研鑽塾Ⅲ

マック、ついに売れば売るほど赤字地獄突入か

マック、ついに売れば売るほど赤字地獄突入か…戦略迷走の末に結局「モス後追い」の醜態

日本マクドナルドホールディングス(HD)は2月9日、2015年12月期連結決算の最終損益が347億円の赤字(前年同期は218億円の赤字)と発表、01年の上場以来過去最悪を更新した。

359 jpeg

時代は大きなうねりとともに変化し続けています。

もはや境涯の低い人物は何をしてもうまくいきません。

打つ手全てが裏目に出てしまいます。

地球や諸天から退場を促されているのです。

ですので、そんな人物が陣頭指揮を執っているシステムや組織は、境涯の高い人と交代しない限り、破たんしてしまうでしょう。

これは宇宙の法則に則って必然的に起きている現象なのです。
スポンサーサイト

米マクドナルドが日本マクドナルド株の売却検討

日本マクドナルドホールディングス(HD)の筆頭株主の米マクドナルドが、約5割を握る株式の売却を検討していることが22日、分かった。

345 jpeg

プラスチック片やら人の歯が出てくるようでは仕方ありませんね。

にもかかわらず、腐らないハンバーガーを今も食べている人たちがいるのには、呆れてしまいます。

民衆の中で最も無知で鈍感な部類の人たちなのでしょう。

Food For Thought: CHICKEN

私たち人間は、ペットの小鳥やフェラガモの親子を可愛がる一方で、チキンナゲットを食べている。

もうそろそろ、自分の魂を進化させるために肉食を止めにする頃なのかもしれません。





米オハイオ州の病院、マクドナルドを構内から「追放」

米オハイオ州の病院、マクドナルドを構内から「追放」

米オハイオ(Ohio)州にある医療機関クリーブランド・クリニック(Cleveland Clinic)は18日、同クリニックに入居していた米ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)の店舗が退去すると発表した。

同クリニックは約10年にわたって店舗の経営者に退去を働き掛けていた。


228 jpeg

「マクドナルドに問題があるのではありません。人々に、病気の管理ではなく健康管理について話し合ってもらうためのクリーブランド・クリニックの取り組みの一つなのです」

クリニックの広報担当者によると、この店舗は「オハイオ州のマクドナルドの中でも有数の繁盛店だった」という。

表向きの理由はどうあれ、輩の経営する企業は、ことごとく社会から排除されていき、最後は消滅してしまいます。

もはや、この流れは既成財閥の力を持ってしても止められません。

たとえ財閥が死にもの狂いで阻止しようとしても、その努力の結果は裏目に出てしまうことでしょう。

人々の意識が急速に進化していき、地球や諸天の意志と感応現象を引き起こしてしまうからです。









「物乞いに食事やるな」、仏マクドナルド

「7月25日の一件についてですが、物乞いに食べ物を与えることは正式に禁止されています」
  
「マクドナルドは、世界中の飢えた人々全員に食事を提供するために存在しているわけではありません!」


220 jpeg

ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)の南仏コート・ダジュール(Cote d'Azur)の店舗で、店長が「物乞い」に食べ物を与えないよう従業員に指示したとされる内部メモが流出し、同社フランス法人は12日、謝罪に追い込まれた。

経営陣の考え方が正しく表れている内容ですね。


欧米のマクドナルドで人肉が使われていたそうで

なぜマクドナルドの経営改革は"悠長"なのか

123 jpeg

なぜマクドナルドの経営改革は"悠長"なのか

「ポテトに人の歯が入っていた」マクドナルド。

2007年1月に不二家の食品不祥事が発覚したときは、その2カ月後には銀座の本社ビルの土地建物の売却が行われ、不二家は多額の資金を手に入れました。

そしてその翌月には、第三者割当増資が行われ、山崎製パンからの多額の資金提供を受けました。

すなわち、不二家では、不祥事のすぐあとに、矢継ぎ早に再建のための資金手当てが講じられたのです。

これに引きかえ、マクドナルドでは、上海福喜食品の不祥事が発覚したあと、半年以上たっても、そのような資金対策に関する報道がありません。

戦争屋とつながりがあるから、資金繰りの心配などする必要ないのかもしれませんね。

それにしても、いまだにマックで食事する人がいるのは驚きです。




マック崩壊を招いた、組織破壊と優秀な人材の放逐

マック崩壊を招いた、組織破壊と優秀な人材の放逐

日本マクドナルドホールディングス(以下、日本マクドナルド)が、昨年7月に発覚した中国食品会社の使用期限切れ鶏肉使用問題に端を発し、その後、立て続けに起こった異物混入問題で客離れを起こし、1971年7月に銀座三越(東京)に第1号店を開業して以来の未曾有の経営危機に直面している。

ここの経営陣は修羅、畜生、餓鬼の世界の住人ですね。

どんな企業でも、パートの人たちは低賃金で真面目に働いている。

その一方で経営陣は暴利をむさぼり、覇権争い。

非正規労働者の崇高な「不軽菩薩の行動」を搾取している構図があるようです。

因果の法則に照らし合わせてみれば、その未来は明白です。






米マクドナルドの「脱抗生物質」、KFCにも圧力

109 jpeg

米マクドナルドの「脱抗生物質」、KFCにも圧力

人間にも使用される抗生物質を飼育時に投与したニワトリの肉には、薬剤耐性菌「スーパーバグ」が生まれる可能性が高い。


薬剤耐性菌発生のメカニズム

マクドナルド社は、人間にも使用される抗生物質を飼育時に投与したニワトリ肉の使用を米国内店舗で段階的に中止していくなどと発表していますが、輩が経営している企業の発表など信用しないほうがいいですね。

なぜ、薬剤耐性菌が生まれているかもしれない、あるいは食べた人の体内で生まれるかもしれない肉を消費者に食べさせるのか。

問題の本質はここにあります。

人々を病気にするためです。

人口削減計画の一環だからです。

マック同様、KFCも食べないのが一番安全。

というより、もう動物の肉は食べないほうがよい。

ちなみに戦争屋一族は菜食主義者だそうです。














米マクドナルド、ヒト用抗生物質投与の鶏肉購入を段階的に中止

97 jpeg

米マクドナルド、ヒト用抗生物質投与の鶏肉購入を段階的に中止

米ファストフード大手マクドナルド(MCD.N)は4日、米国部門が今後2年をかけ、ヒトに使用される抗生物質を投与し飼育された鶏肉の購入を段階的に中止していく方針を発表した。

鶏ふ化場での抗生物質投与も対象となるが、ヒトに使用されないイオノフォア抗生物質を「節度を持って使用している」養鶏所の鶏肉については、今後も購入していくという。

今回の措置が実施されるのは、米国内の約1万4000店。海外で展開する約2万2000店は含まれない。

抗生物質の効かない薬剤耐性菌「スーパーバグ」の感染への懸念が高まる中、消費者擁護団体や公衆衛生の専門家の間からは定期的に家畜に抗生物質を投与する慣行を批判する声が上がっている。

抗生物質を投与しないと育たない劣悪な環境で鶏を飼育しているのでしょうね。

食べた人に有害な影響を及ぼす他の薬品も使われているのではないか。


ハンバーガーから歯の治療材

ハンバーガーから歯の治療材




北海道釧路市のマクドナルド釧路貝塚通り店で昨年9月、販売されたハンバーガーの中から歯の治療に使う材料のかけらが3片見つかっていたことが、日本マクドナルドなどへの取材でわかった。

混入の経緯は不明だそうだ。

肉の成分を詳しく調べたほうがいいのではないか。

もっとサプライズが出てくるはずだ。