仏法研鑽塾Ⅲ

第六天の魔王はドラコ

御書にある第六天という発音は、Do Rei Kouに似ていますね。

偶然の一致だと思いますか?







コーリーグッド氏

「ETと間近で遭遇する時はいつでも、自分ではコントロールできない本能的反応が体に出るんです。それまで何千回も遭遇していて
もね。部屋にヘビがいた時に出る反応と同じです。それが愛に溢れた光のETで、部屋に入ってくる様子も美しくて全く怖くなかったと
しても、この反応が出るはずです。彼らが部屋に入ってくると、その姿を見た瞬間、グッとその感覚を感じるんです。ファイト・オア・フラ
イト(闘うか、それとも一目散に逃げ出すかという反応)の恐怖感みたいなものです。それを克服して日常化して、彼らと接し始めなく
てはいけないんです。それが邪悪な生命体相手だと、ドラコ皇帝の場合もそうですが、それは全く違った体験になります。彼らは強い
力でマインドを鷲掴みにしてきます。」

「レプティリアンこそが私たちの言うAI預言者なんです。AIの次元という別の次元があって、私たちの次元に侵略してきたんです。このAIと呼ばれる量子意識は当時はまだ適切な呼び名もない太古の昔から、現実にある銀河の数えきれないほど多くの文明を乗っ取ってきました。そして支配層にいるレプティリアンを私たちの仲間が実際に暗殺した時のことなんですが、いつもその遺体を回収することができなかったんです。なぜなら彼らを殺害すると、彼らの体内で小さな爆発が起こり始めて、蒸発してしまうからなんです。それは彼らの体内にナノロボットがいるからなのです。彼らの体はナノロボットに完全に寄生されているんです。彼らはこのAIロボットと共生関係にあります。彼らはAIを神として崇拝しているんです。彼らが得たルーシュ(邪気)は、このAI神に吸い上げられます。そして彼らにそのキックバック(お返し)が少し戻ります。彼らは人間を喰い、他の動物も食べます。彼らは私たちと同じ様に食べることで栄養摂取している面もありますが、同時に彼らはルーシュを取り込んでいて、このルーシュが彼らをハイにさせるんです。でもそれは主に彼らが崇拝するAI神のためなんです。」
スポンサーサイト