仏法研鑽塾Ⅲ

ネスレ元CEO  水は権利でなく商品

グローバル企業は水資源を国や地方自治体から奪い取り、水不足で困っている地域には高く売りつけて、大儲けしようと考えているのでしょうね。

そしてグローバル企業の思惑に反抗する人々には水の供給を停止する。水質を悪化する。料金を跳ね上げる。

神経毒のフッ素やリチウムを混入して飲む人の知能を低下させて支配しやすくする。

松果体を石灰化させて神通力を封印させる。

究極的な目的は、民衆の成仏を阻止することにある。

すでに水道民営化に失敗した自治体も多い中、第六天の魔王の子分、カバールの計画はいつもワンパターンです。

麻生太郎氏も、この拝金主義のサイコパスと同類。

逮捕起訴する方向に持っていけないものでしょうか。




スポンサーサイト